2021年09月24日

中国スマホ「シャオミ」に監視機能か?リトアニア、不買呼び掛け。

【ベルリン共同】バルト3国のリトアニアの国防省は24日までに、国内で流通する中国スマートフォン大手、小米科技(シャオミ)の製品に「自由チベット」や「台湾独立万歳」など中国政府が警戒する用語を検出、監視する機能が内蔵されていたと発表した。
中国製携帯の不買と購入済み製品の廃棄を市民に呼び掛けている。英BBC放送などが伝えた。

0924_02.jpg

発表は21日付。スマホはシャオミの「Mi 10T 5G」で、リトアニアのサイバーセキュリティー当局による調査で分かったという。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/132828
(9/24 東京新聞)


シャオミと言えば端末販売の世界シェアで韓国サムスンに次ぐ2位に急成長し、日本でもコスパが良いとして人気です。
こりゃまたファーウェイと同じ運命になりそうな感じ。

シャオミは「検索、通話、ウェブブラウジング、サードパーティーの通信ソフトウエアの使用など、スマートフォンユーザーの個人的な行動を制限またはブロックしたことはない」「EUの一般データ保護規則(GDPR)を順守している」などとコメントした。としているが、リトアニアは台湾問題で中国と関係がこじれたと報じられています。

https://www.recordchina.co.jp/b882621-s25-c100-d0193.html
(2021/09/21 多維新聞:アメリカ・ニューヨークを拠点とする中国語のニュースサイト、中国本土ではブロックされている)

米華字メディア・多維新聞の中国語版サイトは、台湾の扱いをめぐり中国との関係がこじれているリトアニアで、中国企業が現地企業との契約を拒否するケースが頻発していると報じた。

リトアニア政府が台湾当局に対し、現地に「台湾」名義の代表事務所設立を認可したことで中国外交部が8月10日に駐リトアニア大使を召還するとともに、中国に駐在するリトアニア大使の帰国を要求したと紹介。このため両国の関係は緊張し、中国政府が経済的な手段で圧力を掛け、リトアニアの輸出に影響が生じていると伝えた。

リトアニア公営放送LRTが17日に報じた内容として、リトアニア外務省が16日に中国との取り引きがあるハイテク、農業、食品加工、木材、服飾、物流などの分野の企業を対象とした調査結果を紹介、「国内企業で最も頻繁に発生している状況は、中国のパートナーが契約更新や新規契約を拒否していることだ」とコメントした。

やはり中国は台湾問題についてはかなり神経質。当然と言えば当然ですが・・・
最終的にどのように落ち着くんでしょうかねぇー・・・
少なくとも近平さん退陣まではずっと落ち着かないかも・・・


posted by ラッキープール at 17:55| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河井陣営への1.5億円「買収資金でない」、オイオイそれが問題じゃないだろ!

2019年参院選広島選挙区をめぐり、自民党本部が河井克行元法相夫妻側に提供した1億5千万円。党本部が22日に「買収資金ではない」とする発表を突然行い、地元・広島では波紋が広がった。
衆院選前に幕引きを図る狙いとみられるが、説明内容が「生煮え」で、身内からも批判や不満が噴出した。

0924_01.jpg

自民党の柴山昌彦幹事長代理は22日、1億5千万円について「(買収などに)使った事実がない」とする記者会見を開いた。約1億2400万円が機関紙の作成などに充てられ、ほかに人件費や事務所費などがあったとする河井夫妻作成の報告資料をそのまま発表。裏付けとなる領収書なども示さなかったが、「私どもとして出来うる最善」と語った。

https://www.asahi.com/articles/ASP9R7QP9P9RPITB002.html?iref=comtop_7_05
(9/24 朝日新聞)


これは何とも中途半端。
当時の総理、安倍さんが半分ポッポ、更にかなり大規模な選挙戦を行い資金不足を官房機密費で補ったというような疑惑があります。
なぜ、他の候補者の10倍もの資金を支出したのか・・・
それは単に安倍さんが河井案里氏の対立候補となる溝手 顕正氏を嫌っていたからというようなことだけのようです。

Wikiでは「2007年夏の参院選で小沢民主党に惨敗しながらも続投に拘泥した安倍首相に対して、当時防災相だった溝手は痛烈に批判を行った。」
また、第1次安倍内閣で閣僚を務めていたが、2012年2月25日の読売テレビの番組で、早期の話し合い解散を主張した安倍晋三元首相について、「もう過去の人だ。主導権を取ろうと発言したのだろうが、執行部の中にそういう話はない」と述べ、不快感を示した。なお、この発言及び前述の防災相時代の発言が前述した河井事件の引き金になったと言われている」と記されています。

ま、簡単に言えば安倍さんが嫌いな溝手さんを潰すための単なる個人的な理由だけのようなんですが・・・
あんたは小学生かよ!とも言えるような何とも大人げないアホらしい話なんでしょう・・・

posted by ラッキープール at 14:01| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

新型コロナ治療薬、英グラクソ製「ソトロビマブ」、変異株も撃退!

どんな変異株も撃退する――。
こんな新型コロナの治療薬が登場して注目を浴びている。
英製薬大手のグラクソ・スミスクラインが開発した「ソトロビマブ」だ。
重症化する前の軽症・中等症の患者に投与するもので、厚労省は今月末にも特例承認する方針を固めた。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/295063
(9/22 日刊ゲンダイ)

現在、2種類の中和抗体を組み合わせた「抗体カクテル療法」があるが、このソトロビマブはたった1種類、1回の点滴で済む。
海外で1057人が参加した臨床試験では入院や死亡を79%減らす効果が確認されたという。

日本医科大学特任教授の北村義浩氏は21日のTV番組で「アルファ株でもデルタ株でも全部やっつけますよという『凄腕のスナイパー』みたいなもの」と称賛。

ハーバード大学院卒で医学博士の左門新氏は、試験管内の細胞実験ではデルタ株やラムダ株をはじめ『懸念される変異株』『注目される変異株』への効果が確認されました。このことから、今後、新たな変異株が出現しても重症化を予防できる可能性が高い。かなり明るいニュースです」

「グラクソはかなりの開発費をかけているはずだから1本10万円ともいわれる抗体カクテルと同程度の価格になるとも考えられます。そうであれば誰もが点滴を受けられるわけでもないはず。まずは基礎疾患のある人や重症化の懸念のある高齢者が優先されるでしょう。医師が優先順位で悩むことも考えられます」(左門新氏)


これまでの抗体カクテル療法と同じく重症化する前の軽症・中等症向けの治療薬です。
第5波のように感染者が急増し医療崩壊が起これば結局何の意味もないのではないでしょうか。
軽症者が自宅療養中に重症化し亡くなっていった・・・これが事実です。
つまり必要なのは誰もが入院でき、症状が悪化した場合にすぐに対処できるような医療体制を整えることが最も重要ではないでしょうか。
良い薬があっても使えないなら意味なしとならないような政府の対応が必要です。

posted by ラッキープール at 15:43| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝島社、広告でコロナ対策を批判「自宅で見殺し」、日経・朝日・読売に!

出版社の宝島社(東京)は22日、「国民は、自宅で見殺しにされようとしている。」と政府の新型コロナウイルス対策を批判する見開きの企業広告を、全国紙3紙の朝刊に掲載した。

0922_02.jpg
(国民は自宅で見殺しにされようとしている。今もひとりで亡くなっている人がいる。涙が出る。怒りと悲しみでいっぱいになる。この国はいつからこんなことになってしまったのか。命は自分で守るしかないのか。)

掲載したのは日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の22日付朝刊。
汚れて捨てられたようなクマのぬいぐるみの写真と共に「今も、ひとりで亡くなっている人がいる。怒りと悲しみでいっぱいになる。この国はいつから、こんなことになってしまったのか。」と訴え、医療現場が厳しい状況に追い込まれた対策の在り方に、疑問を投げ掛けた。

宝島社は5月にも政府の新型コロナウイルス対策を批判する見開き2ページの企業広告を全国紙3紙に掲載している。
「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ政治に殺される。」
0922_01.jpg


政府の自宅療養という名の自宅放置政策。
とんでもない国民の命を全く無視した最低最悪の政策は、厚労省の一部官僚と厚労大臣、菅総理の判断のみで実施されたということは以前にこのブログにも書かせていただきました。
自民党は腐りきっています。
国会開かず、説明せず、自己の権力維持に血眼で国民など眼中になし・・・菅政権が如実に物語っています。
総裁を変えたって何も変わらない。すぐに増税が待っています。
それでも自民に投票しますか。


posted by ラッキープール at 12:16| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

総裁選、議員は衆院選当選のためだけに選ぶ。国民のためなんて考えちゃいない!

今回の自民党総裁選は、終わったらすぐに衆院選が控えている。
選挙に不安を抱える特に若手の国会議員の多くは「お尻」ではなくて「背中」に火が着いていて「カチカチ山のタヌキ」だ。
だから衆院選に当選するには誰が総裁ならよいかで動いている。
そんな理由で選んだリーダーで、衆院選後の本格的な政権運営は持つのかと強く危惧する。

そもそも自民党の派閥は、一つの選挙区内で複数の自民党候補が争う中選挙区の時代の産物だ。
1選挙区1候補の小選挙区制度の現在、その存在意義は薄れている。
今や互助会的な情報共有のサロンと化しており、所属議員への締め付けも昔に比べて利きにくくなっている。

菅義偉首相の事実上の退陣表明により、次の衆院選に向けて自民党を取り巻く状況は劇的に良くなった。
しかし、最終的にはそのプラス効果は限定的となるだろう。

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20210918/pol/00m/010/006000c
(9/21 毎日新聞プレミア)

0921_02.jpg

自民総裁選、なんかすべて自民党のやらせのような気もします。
当初、岸田氏、高市氏、河野氏の3氏の候補者でしたが土壇場で野田氏が立候補。
これは河野氏に一発目で過半数を取らせないための策。票の分散が目的。
野田氏は単なる当て馬。
そして決選投票では河野氏VS岸田氏、もしくは高市氏になる。
おそらくもともと高市氏も当て馬だったんだと思います。
ところが予想に反し岸田氏とタメを張れるような支持数になってきた。

ここでは細田派、麻生派が派閥をガッチリ引き締め、岸田氏なら岸田派も加わる。
それで岸田氏または高市氏を当選させる・・・というような。
こんなこと29日まで続けるのかよ。あほらし・・・

posted by ラッキープール at 14:40| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする