2021年05月05日

大阪「もう余力ない」…入院率10%、受け入れ先「調整中」は3300人

新型コロナウイルスの感染者のうち、病院に入院できた人や入院先が決まった人の割合を示す「入院率」。
医療の逼迫(ひっぱく)度を把握する新指標として政府が4月中旬に導入したところ、大阪府では4日時点でちょうど10%となり、10人に1人しか入院していない状態だ。

宿泊療養施設で過去最多の水準となる1488人を受け入れる東京都でも、30・7%まで低下している。

「現在いる医師や看護師の数から考えて、限界まで患者を受け入れている。もう余力はない」。
大阪府内で民間病院を経営する加納繁照・日本医療法人協会会長は明かす。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8994453b81d094c1804a311254bf0045e39d8ecb
(5/5 ヤフーニュース、読売新聞)

大阪府内では、今月4日時点の入院患者は2051人。
これに対し、受け入れ先が決まらないなどの理由で「調整中」は約3300人、宿泊療養者は約1800人、自宅療養は約1万3000人に上り、入院率は10%前後が続いている。

内閣官房によると、1日時点で兵庫県15%、京都府20%で、感染状況が最も深刻な「ステージ4」の水準。
東京都内では、入院者は2128人おり、予断を許さない状況だ。

政府はいまだに病床数を減らした病院、統廃合した病院にかなり莫大な補助金を出している。
今後の人口減等を見据えたもののようだがコロナ禍においては全く逆の政策を行っているわけだ。
以下、厚労省の資料(PDFです)

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000683711.pdf
(厚労省「新たな病床機能の再編支援について」)

わけがわからないよ。



posted by ラッキープール at 16:59| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「内閣が吹っ飛ぶようなことをさせられた」赤木ファイル、国が存在認める方針 森友改ざん問題

学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自死した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が改ざんの経緯を記したとされる「赤木ファイル」の存在を、国が認める方針を固めたことが関係者への取材でわかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/91022d7dc56e15500cb0a1e06fd774d8b1dbae3b
(5/5 ヤフーニュース、朝日新聞)

焦点は、ファイルの中身や、それが裁判でどの程度、開示されるかだ。
あくまで「国が存在認める方針」ということのみ。

雅子さんは昨年3月、俊夫さんが自死したのは同省で改ざんを強いられたからだとして、国と佐川宣寿(のぶひさ)元同省理財局長に計約1億1200万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。

財務省は2018年、文書14件が改ざんされたとする調査報告書を公表し、改ざんの方向性を決定づけたという佐川宣寿元理財局長=辞職=ら計20人を処分しました。
当時の安倍首相について再捜査ということはないと思われますが、改ざんに至った経緯や財務省や近畿財務局内での指示の具体的な内容が明らかになる可能性があります。
赤木氏の奥様にとっては一つ前に進んでよかったのではないでしょうか。
posted by ラッキープール at 11:11| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

「東京五輪、開催すべきでない」米紙が記事掲載

米紙サンフランシスコ・クロニクル(電子版)は3日、世界各地で新型コロナウイルスの影響が長期化する中、今夏の東京五輪は「開催されるべきではない」とする同紙スポーツコラムニストの記事を掲載した。

パンデミック(世界的大流行)は終息しておらず、終わりに近づいてすらいないと強調している。

https://www.sankei.com/tokyo2020/news/210504/tko2105040002-n1.html
(5/4 産経新聞)

人々の健康より経済を優先してはならないということだとし、それに沿わない方策は「期待に反する結果を招く」と警鐘を鳴らした。

現在の日本、世界の状況を見れば当然のことですが、忖度する必要のない海外メディアは書いてきますね。
日本国内のメディアは軒並みオリパラのスポンサーですから絶対に中止とは書けないのと比べると大違い。
どっかのアホな首相は絶対開催するなどと頭の中がお花畑としか思えないことをほざいていますが・・
普通常識的に考えれば中止ですわな・・・



posted by ラッキープール at 19:37| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン・・ニューズウイーク

オリンピックなどという不要不急、重要性の低いイベントに国が囚われてしまっている。
物事の優先順位がつけられない国は、普通は、滅亡する。歴史においてはそうだった。
日本という国は絶望的で、望みがないのではないか。

https://www.newsweekjapan.jp/obata/2021/05/post-65.php
(5/3 ニューズウイーク)

この20年衰退の一途だった政治にいまさら期待するほうが間違いで、人々は自衛するしかないし、それが当然のサバイバル術だ。
ところが、人々は、恐怖と欲望に支配されて、政治家並みに見るも無残な有様だ。

海外輸出は好調で、企業はDXなど好景気に沸く企業も多いが、個人消費関連は、特にサービスセクターで壊滅状態である。
個人消費は激減した。そして、株式投資だけが盛り上がった。

日本経済がこれだけ危機に陥り、社会は恐怖に包まれているのに、なぜか、政府はオリンピックに躍起になり、すべてを差し置いてオリンピック優先である。

GoToは世論の逆襲にあってやめたが、なぜか聖火リレーは続けられ、会食禁止、集まり禁止と言いながら、芸能人を多数起用し、ギャラなしでオリンピックを盛り上げるイベントに動員し、沿道にミーハーな人々の密を作った。

オリンピックができないこともありうるというのは禁句で、何があっても触れない、という態度が、人々の政治不信を加速し、自粛要請に対する反発を高め、今後の政府の分析、説明、呼びかけ、すべての効果をさらに失わせている。

ワクチンはとにかく早く多くの人に打つことが重要であるにもかかわらず、隣町との公平性が重要で、市町村にどう割り振るかで揉めている、誰に打つかで揉めている、不手際はいちいち批判される、まったく行政の効率性は最低レベルである。

感染リスクについてすら、いまだに通勤電車の混雑を減らせ、テレワーク7割などと言っている。
ソーシャルディスタンスや三密など、すでに間違いだったことがはっきりしたことを誰も訂正しないどころか、いまだにそれを主張し続けている。
感染は基本的に唾液の飛まつだけだから、しゃべらなければ移らない。

最大の嘘は、日本の法体系では、強制力を持った措置が取れない、と政治家も有識者とやらも、知ったような顔でそれを大前提として議論をしていること。それは嘘だ。

憲法、基本的人権において、欧米と日本の法的な制限の差はない。
法律の書き方、裁判制度などは異なるが、基本的人権の制限に関する差はない。
単に、日本においては、特別措置法で、その規定がない、と言うことに過ぎない。なければ、作ればよい。
特措法改正をしたときに、もっといろいろできるようにすればよかっただけだ。
それは、医師会や世論が怖くて、できない、面倒だからしない、それだけのことだ。
早い話が欧米のような「ロックダウン」も可能だったということだ。

ここのところ緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置が出されている地域以外にもあちこちでコロナ陽性者数が過去最高となっている県も多く見受けられる。
重傷者も5/3時点で過去最高となり、もっとまともな手を打たないとどこまで増えるかわからない状況。
おそらく5/11には緊急事態宣言を解除できず延長するしかないだろう。
情けない・・・




posted by ラッキープール at 11:58| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京オリパラ、スポンサー協賛金のため聖火リレー中止できず

聖火リレー.jpg

垣間見える商業五輪の醜さ スポンサーで成り立つ聖火リレー!
派手な車列に大音量の音楽。
東京大会の聖火リレーがスポンサー優遇に見えるのはリレーの財源が、約100億円のスポンサーの協賛金だからだ。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/102034
(5/3 東京新聞)

「世論の批判を浴びたからといって、リレーを途中で中止したら、スポンサーから『逸失利益を支払え』と言われかねない」。
組織委の幹部は自嘲気味に続けた。「商業五輪の醜い姿を示してしまった」
posted by ラッキープール at 10:12| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする