2021年11月10日

所得と貯蓄の世帯数集計で分かる、日本の「富の格差」

国民の生活は苦しくなっているが、その指標として使われるのは所得だ。
1985年以降の推移を見ると、世帯単位の平均所得のピークは1994年の664万円だったが、2002年に600万円を割り、2019年では552万円となっている(厚労省『国民生活基礎調査』)。
この四半世紀で100万円以上減ったことになる。中央値は437万円だ。
世帯の単身化、高齢化が進んでいるとはいえ、国民の稼ぎが減っていることは明らかだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/11/post-97431_1.php
(11/10 ニューズウイーク)

だが収入は少なくても(なくても)、貯蓄が多いという世帯もある。
リタイアした高齢者世帯などだ。
生活のゆとりの分布を知るには収入だけではなく、いざという時の備え「貯蓄」にも注目しないといけない。

所得階級と貯蓄階級のマトリクスにて世帯数を集計した表が、上記の厚労省調査(2019年)に出ている。
次の<図1>は、結果をグラフで視覚化したものだ。

1110_01.jpg

横軸は所得、縦軸は貯蓄額の階級で、この2つを組み合わせた各セルに該当する世帯数がドットサイズで示されている。
一見して、所得・貯蓄とも少ない困窮世帯が多いことが分かる(左下)。
所得300万未満、貯蓄200万未満の世帯は全体の15.1%に当たる(緑の枠線内)。
その一方で右上の富裕世帯も結構あり、社会の富の格差も見て取れる。

ちなみに「日本で一番多い世帯は?」という問いへの答えは、上記のグラフのドットサイズから、所得100万円台・貯蓄ゼロの世帯ということになる。
単身非正規の若者、ないしはカツカツの暮らしをしている高齢者世帯などが多いと想像されるが、強烈な現実であり生活保護の対象のレベルだ。
全世帯数の中でおよそ187万世帯と見積もられる。


では生活保護だが、コロナ禍で困り果てる人が増える中、受給者は増えているだろうと思われるが現実は違う。
生活保護受給者数の推移の近況を棒グラフにすると、次の<図2>のようになる。

1110_02.jpg

ご覧のように真っ平だ。
コロナ禍だというのに保護受給者は増えておらず、よく見ると微減の傾向すらある。
これでは「日本の生活保護は定員制なのか」という疑問も禁じ得ない。
恥の意識につけ込んだ扶養照会(申請者の親族に援助できないか問い合わせる)などの自治体の水際作戦も功を奏しているのだろう。

日本では世帯の貧困化が進んでいて、最後のセーフティーネットである生活保護も十分に機能していない。
どうにもならず自殺者(とくに女性)が増え、自棄型の犯罪が起きるのも道理だ。
まずは生活保護の運用の見直しが必要で、効果が定かでない扶養照会などは廃止を検討するべきだろう。


現在、公明党が衆院選で公約した18歳以下の子供への10万円給付の仕方や所得制限を設けるのかどうかなどで自民党との間で揉めているようですが、それよりも重要なことは上のような貧困家庭の増加や、まともに生活保護も受給できないといったことではないでしょうか。
だいたい政府の閣僚連中は現実を全く理解していないと思われます。
やれやれ・・・・そんな状況だから何を言っても無駄ということで余計に政治に無関心になるのではないかと思われます。
まあ自民党にとっては国民が政治に無関心でいてくれた方が有難い、選挙で余計な浮動票は少ない方が有難いわけですから・・・


posted by ラッキープール at 12:35| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月08日

政府分科会、コロナ新指標で合意 ステージからレベルに分類変更

政府は8日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)を開き、緊急事態宣言発令などの目安である新型コロナ感染状況の指標について、新規感染者数を重視したこれまでの「ステージ」分類を改め、新たに医療提供体制に着目した「レベル」分類で示すことで合意した。

1108_01.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/113c342967a08b15ca9a47027743a91644858b82
(11/8 ヤフーニュース)

尾身会長は記者団に対し、新指標について「感染状況を医療が逼迫(ひっぱく)しない水準に抑え、社会経済、日常生活を取り戻すことが目的だ」と説明。
「新規感染者数は注視するが、医療逼迫の状況をより重視する」と強調した。

山際大志郎経済再生担当相は席上、「コロナ感染は新たな段階に入りつつある。予防、発見から早期治療までの流れをさらに強化し、最悪の事態を想定して次の感染拡大に備えていきたい」と語った。

分科会で専門家側は、医療提供体制の逼迫状況に応じ「レベル0~4」で示す新たな指標を提案。
例えば、深刻度合いが上から2番目の「レベル3」については、重症者向け病床使用率50%以上の状況と位置付け、具体的には緊急事態宣言も必要とする。新規感染者数に関しては判断の参考値とする。

posted by ラッキープール at 13:41| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

総務省、郵便局データをビジネス活用&販売。配達先、転居情報など収益源に

総務省は市民生活に大きく影響を及ぼしかねない議論を始めた。
郵便局が持つ市民の情報をビジネスに活用する試みだ。
地図情報を利用する業者に居住者情報を販売する案などが出ている。
日本郵政グループの業績は右肩下がり。
新たな収益の柱を生み出したい思惑がにじむ。
とはいえ、地域に根差してきた郵便局が市民の情報を基に商売するのは抵抗感がある。
慎重な議論が必要ではないか。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/141194
(11/6 東京新聞)

全国に約2万4000ある郵便局は、保有するデータも多岐にわたる。
住所、氏名、転居情報、電話番号、郵便物の発送データなどがそうだ。
要するに、こうした膨大な量の情報を民間企業に提供、販売するなどし、新たなビジネスとして活用しようというわけだ。

データの活用が行き過ぎると気味が悪い。
中央大の宮下紘教授(情報法)もくぎを刺す。
「個人情報保護法上、個人情報を取り扱う際は、利用目的を特定しなければならない。郵便物を届けることを業務にし、そこで知り得た秘密や個人データをビジネス活用するとなると、別の目的に使うことになる。現状の法では許されていないからこそ、ガイドラインの見直しが必要なのだろう」


また出てきたよ。
こんなことやっちゃダメでしょ!しかも国の主導で・・・
本業で活路を見出すべき。
簡保生命の問題、ゆうちょ銀行の貯金不正引き出し問題、経費で購入したカレンダーを一部の郵便局長が支援する国会議員の後援者らに配った疑いなどダメダメで国民は不信感を抱くばかり・・・・
でも、こういうの注意してないと知らないうちに決定され、個人情報バレバレっていうのはよくあること。
恐ろしい世の中です。




posted by ラッキープール at 15:04| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州、コロナ感染再びジワリ拡大 ドイツは2日連続最多更新

欧州で冬の到来を前に、新型コロナウイルスの感染が再び急増している。
ドイツでは5日の発表で、1日当たりの新規感染者が3万7120人にのぼり、2日連続で過去最多を記録した。
ワクチン接種の広がりで欧州各国は今春以降、相次いで感染規制を緩和したが、対策を強化する国も出てきた。
オランダでも5日の発表で、感染者数が1日当たり1万人を超え、4カ月ぶりの高水準になった。

https://www.sankei.com/article/20211106-UFADU57YWVMNXIVMTS3ZLY3UUQ/
(11/6 ヤフーニュース)

感染者数は今月、ベルギーやデンマーク、東欧諸国でも増加。
欧州連合(EU)の専門機関、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は4日、オランダやブルガリアやクロアチア、ハンガリーなど計9カ国で「感染が非常に懸念すべき水準にある」と指摘した。

英オックスフォード大の研究者らが運営する「アワー・ワールド・イン・データ」によると、4日時点でワクチン接種を終えた人の割合はドイツが66%、フランスが68%、英国が67%で、いずれも日本の73%を下回った。東欧ではハンガリーが60%、ルーマニアが33%で、西欧に比べて接種が遅れている。


日本は今のところは安泰なようです。
ただ来週から入国制限を緩和との政府発表もありました。
ちょうど年末年始あたりからドカンと来そうな感じですかな。

posted by ラッキープール at 14:37| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月05日

二階元幹事長、地元で引退へのカウントダウン「後継争い」

選挙戦の直前まで「引退するのでは」とうわさが流れるなど地元は揺れていたが、それを吹っ飛ばすような圧勝劇だった。
だが、二階氏の13回目の当選直後から地元では「誰が後継者となるのか」という話題で持ち切りだという。

https://dot.asahi.com/dot/2021110400095.html?page=1
(11/5 AERA.dot)

1105_01.jpg

二階氏の支援者は言う。
今までほとんど訪れることがなかった小さな集落にまで足を伸ばした。
その際、二階氏に付き添っていたのが、三男の二階伸康氏だ。
地元では後継者と目されているという。

「今回は伸康氏が二階先生の活動のほとんどに付き添っていた。そして、二階先生に代わってマイクを握り、演説していましたね。これまでの選挙ではあまり見かけなかった。そつなく、二階氏の応援演説をこなしていた。その姿を見て、跡継ぎは伸康氏と二階先生の腹は決まっているんじゃないかと感じました」(前出の町議)

一方で、自民党の参院幹事長という「大物」、世耕弘成氏の参院から衆院・和歌山3区への鞍替え待望論も地元ではあるという。
次の衆院選は二階氏の後継をめぐって、水面下では激しい駆け引きが行われそうだ。

今回の衆院選で二階派は10人が落選、37人となった。また、東京8区で元幹事長の石原伸晃氏が落選し、石原派は領袖を失った。石破派も12人と減少し、負け組に。
「二階氏は以前から石原派や石破派の議員に誘いをかけていたので、狙いにいくと思う」(二階派の国会議員)


82歳というご高齢の二階氏。
次はないでしょう。
その前に石原派、石破派を取り込んでと、まだまだお元気なようです。
で、3男が地盤、看板、カバンの3バンを持って次期衆院選に立候補というわけですか・・・・
相も変わらない政治の世界ですねえ・・・
あのブルドッグ顔ももう少しで見納めになります。



posted by ラッキープール at 15:15| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする