2022年06月18日

万札が紙くずになる日はやってくるのか?

欧米が揃って利上げに動く中、日銀は相変わらず政策を変えないことを発表しました。
この先果たしてどうなるんでしょうか。

欧米はかなりの物価上昇がある状況ですが、その分賃金が上がっていますので国民からもそれほど不満の声は聞こえてきません。
日本はどうですか?
賃金は全く上がっていない状態で物価だけが上昇している状態です。
ずっと実質賃金は下がり続けています。
岸田総理は海外に比べて上昇は抑えられていると発言していますが、これって国民を完全に騙しています。
政府、日銀はとにかく何らかの手を打たないと岸田政権も短命で終わるでしょう。

万札が紙くずになり、心置きなくケツが拭ける日がやってくるのでは?
恐ろしや恐ろしや・・・


posted by ラッキープール at 14:19| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください