2021年12月17日

<新型コロナ>オミクロン株水際対策の限界を露呈 3分の1は検疫すり抜け

水際の検査すり抜けで、オミクロン株の国内での感染拡大の恐れが高まっている。
入国時、唾液中の新型コロナが持つ特徴的なタンパク質(抗原)の量を調べる抗原定量検査を行う。
幅を持たせた基準値より多いか少ないかで陽性、陰性を判定。
基準値内なら再検査し、なお判定不能ならPCR検査で結論を出す。

二重、三重の検査体制を取るが、到着時に陰性だった人が陽性に転ずる例は後を絶たない。
厚生労働省によると、12日までの1週間で、陽性が判明した入国者は約90人。
このうち、到着時は陰性で、到着から3日目以降に陽性と判明した人は約30人に上る。
つまり3分の1は到着時は陰性で、毎日2~8人が検査をすり抜けている。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/149349
(12/16 東京新聞)

そろそろ日本国内でも陽性者数が増加し始める兆候がでてきているようです。
英国などでは一日に8万人など、とんでもない感染者数に達し、1人の感染者が平均3~5人にうつしているとの報告がされています。
オミクロン株は現状、感染力は強いが死亡率は低いとの見方が強いようですが、まだ不明確なことも多く、後遺症などについてもはっきりわかっていません。
基本的にワクチン2回接種でもブレークスルー感染当たり前のようです。

ワクチンのブースター接種(3回目接種)の前倒しに備え、岸田首相は17日早朝、米製薬大手ファイザー社のブーラ最高経営責任者(CEO)と電話で協議し、ワクチンの供給スケジュール前倒しを要請したとみられるとの報道があります。
ブースター接種はオミクロンに対しても効果があるとされています。

これから人の動きが活発になる年末年始、一気に広がる可能性があります。ご注意を。

posted by ラッキープール at 12:03| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください