2021年11月08日

政府分科会、コロナ新指標で合意 ステージからレベルに分類変更

政府は8日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)を開き、緊急事態宣言発令などの目安である新型コロナ感染状況の指標について、新規感染者数を重視したこれまでの「ステージ」分類を改め、新たに医療提供体制に着目した「レベル」分類で示すことで合意した。

1108_01.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/113c342967a08b15ca9a47027743a91644858b82
(11/8 ヤフーニュース)

尾身会長は記者団に対し、新指標について「感染状況を医療が逼迫(ひっぱく)しない水準に抑え、社会経済、日常生活を取り戻すことが目的だ」と説明。
「新規感染者数は注視するが、医療逼迫の状況をより重視する」と強調した。

山際大志郎経済再生担当相は席上、「コロナ感染は新たな段階に入りつつある。予防、発見から早期治療までの流れをさらに強化し、最悪の事態を想定して次の感染拡大に備えていきたい」と語った。

分科会で専門家側は、医療提供体制の逼迫状況に応じ「レベル0~4」で示す新たな指標を提案。
例えば、深刻度合いが上から2番目の「レベル3」については、重症者向け病床使用率50%以上の状況と位置付け、具体的には緊急事態宣言も必要とする。新規感染者数に関しては判断の参考値とする。

posted by ラッキープール at 13:41| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください