2021年10月29日

読売報道! 衆院選、自民の単独過半数維持微妙

読売新聞社は31日投開票の衆院選の終盤情勢を探るため、26~28日に世論調査を行った。
自民党は単独での衆院定数の過半数(233)維持が微妙な情勢だ。
立憲民主党は議席を増やす公算が大きく、日本維新の会は勢いを保っている。
289ある小選挙区の約4割で接戦となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6bf5540f09441531144532234737fef9ce8bbdf8
(10/28 ヤフーニュース、読売新聞)

自民は終盤に入り、野党に追い上げられる小選挙区が目立っている。
優勢を保つ候補は113人にとどまり、劣勢は序盤の46人から60人に増えた。
当落線上で104人がしのぎを削る。
特に野党の地盤が強い北海道、大阪、沖縄で苦戦している。
比例選では70議席近くを視野に入れるが、公示前の276議席からは減らしそうだ。

公明党は、9人を擁立した小選挙区の多くで安定した戦いを進める。
比例選では順調に議席を積み増し、前回の2017年衆院比例選の21議席を上回る可能性がある。
自民、公明の与党では、国会を安定的に運営するための「安定多数」(244)をうかがう。

立民は、優勢な小選挙区を序盤の30から七つ増やすなど公示前の110議席から30近く増やす可能性がある。
ただ、94人が接戦を演じており、情勢は流動的だ。
比例選では40議席を超える見通しとなっている。

共産党は公示前の12議席は上回る勢いだ。

維新は拠点の大阪で、19ある小選挙区の半数以上を制しそうだ。
比例選でも20議席台に乗せる可能性があり、公示前の11議席から3倍超をうかがう。

国民民主党は、公示前の8議席を確保できるかどうかが焦点だ。


自民党の広報誌のような読売がこの報道ですので、まずまず野党も互角な戦いをしているのでしょう。
驚くのが維新の躍進。
弱肉強食の新自由主義の世の中をこの先も続け、敗者は食うや食わずの生活保護以下の僅かなベーシックインカムで、保険もないから病気すらできないという生活を強いられる・・・そんな政策の政党ですよ。大丈夫か関西人!
個人的には維新に投票する人の気が知れませんが、イソジン効果なのか何なのか・・・・
少なくとも維新より国民民主の方が断然何倍もマシかと思います。

posted by ラッキープール at 15:43| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください