2021年10月21日

衆院選公示直後の情勢調査 自民過半数は? 読売

NNNと読売新聞は公示直後の情勢調査を行いました。
その結果、自民と公明の与党で過半数を超える勢いであるものの、自民は議席を減らし、単独で過半数を維持するかは微妙な情勢で、多くの選挙区で与野党が競り合っています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8dee6d120438b1a886dcb5b5df34b777a20e6bb8
(10/21 ヤフーニュース、日テレニュース)

19日から20日まで情勢調査を行った結果、自民党と公明党は、岸田総理大臣が勝敗ラインとしている「与党で過半数233議席」を上回る勢いとなっています。
しかし、自民党は公示前の276議席から議席を大きく減らし、単独過半数の233議席を維持できるか微妙な情勢です。
一方、公明党は堅調な戦いで、公示前の29議席を超える勢いです。

一方、野党側です。
今回、立憲民主党や共産党などは、289選挙区のうち210を超える選挙区で候補を一本化しました。
その結果、立憲民主党は公示前の110議席から議席を上積みし、130議席を上回る勢いです。
共産党も、公示前の12議席から議席を増やす勢いです。
日本維新の会は、大阪を中心に優位に戦いを進めていて、公示前の11議席から大きく伸ばし30議席を上回る勢いです。
国民民主党は公示前の8議席前後は確保しそうな情勢です。
社民党とれいわ新選組は、公示前の1議席は確保できそうな情勢です。
一方、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は、議席獲得に向けて苦しい戦いとなっています。


国民民主の玉木さん、良いマニフェストを掲げているんですが伸びていないようです。少し露出が足りないんではないでしょうか。
とにかく野党には頑張っていただきたいと思います。
もう自民の政治はけっこう毛だらけ・・
Dappi問題が徐々に大きくなってきているようですし自民党潰れるかも・・
posted by ラッキープール at 14:25| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください