2021年10月20日

「Dappi」の背後には“自民党の金庫番”がいた! 赤旗日曜版スクープ

「しんぶん赤旗日曜版」(10月24日号)が<ウソ情報で野党攻撃のツイート 「Dappi」運営企業の社長 自民党本部事務総長の親戚名乗る>と題した記事を掲載する。

「Dappi」とは、野党に対する数多くの誹謗中傷ツイートを投稿し、拡散させてきた匿名のツイッターアカウントだ。
衆院選の直前、「Dappi」を運営するウェブ関連会社が自民党と取引関係にあることが判明し、「背後には自民党がいるのか」とSNSは大騒ぎになっていた。

日刊ゲンダイの調べでは、このウェブ関連会社は、自民党の岸田首相や甘利幹事長が代表取締役を務めていた企業と取引関係にあったことも分かっている。

巨額な税金が投じられた公党・政権与党が、関係の深い民間企業を使って野党を攻撃するネットを「裏」で操り世論誘導していたということ。
これが許されるとしたら、民主主義国家でも何でもない。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/296347
(10/20 日刊ゲンダイ)

「しんぶん赤旗日曜版」に出てくる「自民党本部事務総長」とは元宿仁氏(76)のことだ。
以前から<自民党の金庫番>と呼ばれた人物で、2004年に起きた日本歯科医師連盟(日歯連)の不正献金事件でも東京地検特捜部の事情聴取を受けているほか、19年の参院広島選挙区をめぐって元法相の河井克行、案里夫妻が逮捕、起訴された大規模買収事件でも名前が取り沙汰され、当時の菅前首相の首相動静でも複数回の会談が確認されている。

1020_01.jpg

日本記者クラブがネット上に掲載しているエッセー「記者ノート」(2020年2月)には、元日本テレビ政治部長による元宿氏についての、こんな記述が出てくる。
<党員歴50年を越えた彼には、退職に関するルールはなく、これまで幾度となく辞表を提出したが、その都度慰留され続けて来た。総裁、幹事長がそろって反対したためだ。党の政治資金とその流れの裏の裏を知り尽くしているが故に、「余人をもって代えがたい」ということだろう。田中角栄から現職の安倍晋三まで、20人の総裁と37人の幹事長に仕えた。ベテランの仕事師を徹底的に重用するのは、自民党の得意技であり、長期政権の強みあるいは、秘訣の一つだろう。

「政治資金を扱う裏方をやる以上は、汚いと言われるかも知れないが、自分のような役回りも必要だ。政治はきれいごとでは動かない。話せないことばかりで、それは墓場まで持って行く」と彼は言う。



元宿 仁 氏というのは長年にわたり自由民主党本部の事務方のトップである事務総長を務めている方です。
大学時代からすでに知人の紹介で自民党本部でアルバイトを始め、大学卒業後はそのまま党事務局員として採用され党本部職員となります。
2000年に事務方トップの事務局長に就任、2006年には定年延長の上、 新設の事務総長に就きました。
民主党に政権を奪われた後の2010年7月にいったん一線を退くが、再び総裁に返り咲いた安倍晋三に呼び戻され、同じく再度事務総長のポストに就き、長らく自民党の「金庫番」として党の資金集めにおいて中心的な役割を担っているとされているようです。

ホントに政治の世界は金、金、金なんですねえ・・・
河井問題の詳しい経緯を知っている数少ない人物の一人のようです。
もうこういう話はあまり聞きたくはないんだけど・・・ホント、政治の世界は汚い世界のようです。


posted by ラッキープール at 21:21| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください