2021年10月17日

衆院選、各政党の公約まとめ。自民よりやっぱ野党だわ!

衆院選(19日公示、31日投開票)に向け、各党の公約が出そろった。
与野党とも新型コロナウイルス対策に力点を置き、こぞって現金給付を打ち出す一方、外交・安全保障政策では違いが際立った。

1017_01.jpg

コロナ禍で疲弊した経済の立て直しでは、与野党ともに「分配」を掲げ、現金給付を前面に出した。
自民は金額は示さずに非正規雇用者や女性、子育て世帯、学生らへの経済的支援を示し、公明は「0歳から高校3年生まで」に一律10万円相当を給付するとした。

野党側も「低所得者へ年額12万円」(立民)、「一律10万円で低所得者に10万円上乗せ」(国民民主)、「中間層を含め1人10万円を基本に低所得者には手厚く」(共産)などを提案した。主要野党は消費税減税でも足並みをそろえた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1021ae60ccbb74c38a5292fac1cf70cfd98eff04
(10/17 ヤフーニュース、読売オンライン)


もう自民はしばらく下野してもらって構いません。
岸田政権の閣僚の中には選挙で負けそうな方も・・・・という話も聞こえてきます。
政権交代を望みます!
何たって大きいのはやっぱり消費減税です。時限的でもやっぱり有難い。




posted by ラッキープール at 19:15| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください