2021年09月04日

自民党の総裁選、衆院選には良い宣伝に!野党の政権交代はむずかしい

衆院選の投開票日は、自民党総裁選後、臨時国会召集などを経て、11月上中旬の公算が大きくなった。

菅首相、事実上の辞任。
自民党総裁選の立候補者は岸田氏、河野氏、高市氏、その他にも石破氏、野田聖子氏なども出てくる可能性があります。
衆院選前の自民党の良い宣伝になるでしょう。

一方野党はというと、やはり総理が菅氏で衆院選になった方が票が伸びたのではないでしょうか。
泥船の菅自民党なら政権奪取も可能だったかもしれません。

それにしても菅氏の最後は何とも惨めでした。
やはり民意を無視してオリパラを開催、同時に新型コロナ陽性者が爆増し結局医療崩壊。
横浜市長選での小此木氏のゼロ打ちでの大敗。
最後のあがきで二階氏を切ってまで打ち出した人事も党内の協力が得られず・・・

次期総理は少なくとも菅氏よりはマシになるかと思いますが、いずれにせよ自民党は自民党。
良くも悪くも大きな変化はないでしょう。

頼むから欧米諸国に比べて相当恵まれた状況にありながら、信じられないほど無能で、想像を上回るほど役立たずで、国民の命を屁とも思わないように見える国家、恥知らずな為政者の不作為によって、結果的に国民が通常の医療さえ受けられず、なぶり殺し、見殺し同然になることがないようお願いしたい。



posted by ラッキープール at 11:18| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください