2021年09月01日

安倍前総理、首相は誰でも構わない!例の河井買収事件に蓋をしてくれるなら・・・

福田赳夫元首相の秘書を務めた中原義正氏がこう言う。

「彼(安倍氏)は細田派というが、派閥内で支持している有力議員は誰もいないし、キングメーカーなんて話も聞いたことがない。おそらく彼にとっては、総裁・首相は誰でも構わない。目的はただ一つ。次の総裁が『あの問題から自分を守ってくれるのかどうか』という一点に尽きるだろう」

「あの問題」とは、2019年の参院選広島選挙区を舞台にした大規模買収事件のことだ。

河井案里元参院議員(47)=公選法違反で有罪確定、当選無効=の陣営に公示前、自民党本部が1億5000万円を提供していたことが発覚。
税金が裏金の原資になったのではないかと問題視され、二階幹事長は今年5月の会見で、資金提供を最終決定した責任者として「党総裁および幹事長」と説明。
会見に同席した林幹事長代理は、事件を捜査している検察当局から関係書類が戻り次第、使途などを報告する考えを示した上で、「(書類が)返って来たらどれだけの広報活動に使ったのかというのが実証できる」と語っていた。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/294118
(9/1 日刊ゲンダイ)


この1億5000万円の半分を安倍氏がポッポに入れたと噂されています。
そうなると河井氏側に残るのは半分の7500万円。
買収と選挙費用がそれで賄われたとは思えないような大規模な選挙活動がされていたという話です。
そうなると7500万では足りずに、さらに官房機密費からも河井陣営に渡ったともいわれています。
つまり当時の官房長官、菅も同じ穴のムジナです。

検察から返却された捜査資料は二階氏が握っています。
そりゃ安倍氏はビクビクもんですよ。

どうしようもない連中が必死で自分の身を守るためだけに動いているという現在の状況・・・
国民のことなんて全く頭にないわけです。

posted by ラッキープール at 14:07| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください