2021年08月16日

「ポスト菅」はどうなるのか、野党は政権交代出来るのか?

菅義偉総理大臣の任期は2021年9月30日で満了する。
二階幹事長は菅総理を変える意義は見当らないとして、継続を支持する考えを強調したが、内閣支持率は下がり続け、ついに危険水域と言われる30%を切るまでになった。
自民党の支持率自体は34.9%と若干下がっているものの、野党と比べれば大きく上回っており、不支持率の上昇は自民党への不信任ではなく、菅内閣への不信任と考えられる。

自民党総裁の候補としてネット上の国民の声を集計して計算されたものでは、トップは河野太郎氏、これに岸田文雄氏、石破茂氏が続いている。東京都知事の小池百合子氏も有力候補としてランクインしている。

https://webronza.asahi.com/business/articles/2021081300004.html
(8/15 論座)

国民的人気もかなり高く???最有力候補といわれている河野太郎氏はワクチン大臣で色々と足踏み。変わった人物との評も。

岸田文雄氏は宏池会の第8代会長。しかし発信力なく影が薄い。

石破茂氏は衆議院議員を11期も務めたベテラン。防衛大臣、農林水産大臣等を歴任しているが、これまで2回の自民党総裁選に落選。

小池百合子氏は第20代、そして第21代東京都知事。テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」のキャスターを務めた後、政治家に転身。カイロ大学を卒業とのプロフィールだがこれは疑惑あり。都民には人気はあるようだが何一つ公約を達成していない。

自民党の幹事長代行の野田聖子議員も、初の女性総理を目指し候補として有力視されているが旦那に暴力団うんぬん疑惑あり。

高市早苗氏も立候補するという噂だが果たして推薦人が集まるかどうか。


はっきり言って「これは」というような人物が見当たらない。
しいてあげれば一番まともなのは石破氏くらいか。
野党だけではなく、もう自民党も人材不足です。
選挙に勝って野党が政権を取る可能性もありますが現状ではかなり薄いのかと・・・
結局「菅」で落ち着くことだけは止めてもらいたいと思う今日この頃。

posted by ラッキープール at 07:01| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください