2021年06月18日

南米開催中の「コパ・アメリカ」 選手ら53人コロナ陽性、東京オリパラも同じ運命か?

ブラジルで開催されている南米諸国のサッカー大会「コパ・アメリカ」で、選手ら53人が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、選手などから批判が出ています。

13日からブラジルで始まった「コパ・アメリカ」は当初、アルゼンチンとコロンビアの共催で行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念から両国が開催を辞退。
大会の10日ほど前にブラジルで行われることに決まりましたが、事前の世論調査では54%がブラジル国内での開催に反対していました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f49a9470055f81f90f7863282be517a6ff12663
(6/18 ヤフーニュース、TBS)

大会中は選手に48時間ごとのPCR検査が義務づけられているほか、移動の飛行機やバスはチャーターのみ、試合や練習以外は外出が制限されるなど、徹底した新型コロナ対策が行われていました。
しかし今回、感染者が相次いで出たことで選手などから“急に大会の開催が決まり対策の準備が不十分だった”などと批判が出ています。

東京オリパラも同じ運命になりそう。コパアメリカより圧倒的に規模も大きいし・・・
デルタ株が蔓延中の英国は1日の感染者が1万人に、またアメリカも下記報道のとおりデルタ株を警戒しています。

<米でインド株蔓延の恐れ ワクチン1回接種は免疫期待できず>

https://www.sankei.com/article/20210618-T7F27557RROG5DZS7E4YZMFI54/
(6/18 産経新聞)

米国でインド株の脅威が増している。感染力が強いインド株が今後3週間で蔓延(まんえん)する恐れがあり、1回のワクチン接種では十分な免疫が期待できないとされる。
接種率の伸び悩みが指摘される中、専門家は「早く接種を完了しよう」と呼びかけている。

posted by ラッキープール at 18:54| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください