2021年06月12日

デルタ株(インド株)陽性が14都府県219人 すでに市中蔓延!

日刊ゲンダイが自治体発表や報道を基に、11日までの陽性者数をまとめたところ、14都府県で219人に上った。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/290461
(6/12 日刊ゲンダイ)

首都圏1都3県が135人と突出。
デルタ株(インド株)は従来株の1.8倍の感染力があるとされる。
その上、日本人の6割が持つ白血球「HLA-A24」の攻撃から逃れる変異を持ち、ワクチンが効きにくくなる可能性もある。


英国ではファイザー製を2回接種後、2週間の時点でインド株発症を88%防ぐという研究結果が発表されているようで効果はあるのだと思われますが、日本では圧倒的に間に合いません。
ちょうどオリパラの時期に感染者数が増加すると思われます。
菅首相のギャンブル五輪は最悪の場合かなりピンチになるかも。

posted by ラッキープール at 19:54| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください