2021年06月11日

東芝、政権中枢とも接触 蜜月浮き彫り、総会は「クロ」

東芝の昨年7月の定時株主総会が「クロ」と認定された。
発言力を強める「物言う株主」の動きを、東芝経営陣が菅義偉官房長官(現首相)にまで説明、政権と一体となって阻止しようとしていた。
「政府銘柄」と言われる名門企業・東芝と国の蜜月ぶりが浮き彫りになった。

報告書からは東芝と一体となって「物言う株主」を排除しようとする政権の意向がうかがえる。
「強引にやれば外為で捕まえられるんだろ?」。昨年7月27日、菅官房長官の朝食会。
出席した東芝幹部に対し菅氏が「物言う株主」への厳しい見方を示し、外為法で対応できるとの趣旨の発言を行っていたことが明るみに出た。

官民が一体となって特定株主の排除に動いた問題は、疑念が一段と深まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d715c6f0b600ea293fc0122c4ee572b033b7f56a
(6/11 ヤフーニュース)


posted by ラッキープール at 11:40| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください