2021年06月10日

国民にケンカを売ったパソナ、竹中平蔵氏

東京五輪開催を支持する慶応大学名誉教授でパソナ会長の竹中平蔵氏が9日、自身のYouTubeチャンネルを更新。
「竹中平蔵【東京五輪】開催すべき理由を徹底解説」というタイトルで語った。

そのチャンネルです。



【1】「オリンピック・パラリンピックは国内イベントではないということです。世界のイベントなんです。従って本来ならば日本の国内事情でこの世界的なイベントを止めるというのは、やはりこれはあってはいけないことだと思います。

【2】新型コロナウイルスの流行が五輪を中止する根拠になりえないことを主張した。
過去にオリンピック・パラリンピックを中止した事例として第一次世界大戦、第二次世界大戦の時を引用。「世界大戦の時はさすがに世界が真っ二つに割れているわけですから。これは国内事情ではなくて世界の事情でできないから止めているわけです」
1920年のアントワープオリンピックを取り上げ、「1918年から数年間、世界はスペイン風邪というパンデミックに襲われました。しかしこのパンデミックの中でベルギーのアントワープでの五輪はきちっとやられました。パンデミックだからやめたということではなかったわけです」

【3】ワクチン
「この数か月の間にコロナ問題に対する世界の認識は大幅に変わったということです。日本では依然として人流を抑えるためにどうこうという話をしていますけど私の認識ではイギリスやアメリカでは、もうそんな議論はしておりません」とワクチンの接種率が高い諸外国はコロナの感染が収束していることを説明。
「今やるべきことはワクチンを普及させること、そして国際的責任を果たすために日本は今このオリンピック・パラリンピックを万全の対策を講じながらきっちりとやり抜くこと」と持論を展開した。



オリンピックをやる理由は以上の3点だそうです。
誰が聞いたっておかしな部分がかなりあります。わざわざこんな話をユーチューブに上げるなよ!っていうところ。
まさに国民にケンカを売り、また火に油を注ぐ形になっています。
パソナは五輪スポンサー企業であり独占的に派遣を請け負っています。
ワクチン大規模接種センターのシステム運営もマーソ株式会社という竹中氏が経営顧問を務める会社です。
利権で金儲けに忙しい方のようです。
政府は早めに切らないと。税金泥棒です。


posted by ラッキープール at 20:13| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください