2021年06月04日

尾身会長の”謀反”、菅首相は激怒?

「(東京五輪を)パンデミックの所でやるのは普通ではない」「やるなら強い覚悟で」
東京五輪・パラリンピック開催をめぐり連日、新型コロナウイルス感染リスクについて強い警告を発している政府対策分科会の尾身茂会長に対し、菅義偉首相が激怒しているという。

『黙らせろ。専門家の立場を踏み超え勘違いしている。首相にでもなったつもりなんじゃないか』などと怒りを爆発させています。
尾身会長を菅首相が最近、ひどく疎んじているのは間違いありません。
もともと御用学者として側に置いていた尾身会長が謀反を起こし、自分の敵になったという意識が日に日に強くなっています。

https://dot.asahi.com/dot/2021060400050.html?page=1
(6/4 アエラ)


尾身会長はこれまで政府判断の追認役でしかなかったという。
それが北海道の一件以降、自身がワクチン接種を受ける姿をSNSで発信するなど、政治家的な動きや言動が目立つようになった。
(※延長される緊急事態宣言に北海道などを追加で含めるか、否かを協議した時の件)

菅首相と尾身会長の対立は『決めるのは自分』とお互いが意地を張り合い、権力闘争になっている感があります。
そんなことにうつつを抜かしている場合じゃないんですけど…(官邸周辺者)

一方で五輪の組織委員会は「東京2020大会における新型コロナウイルス対策のための専門家ラウンドテーブル会議」を設置したが、メンバーにこれまで新型コロナウイルス対策を主導してきた尾身会長の名はない。
立憲民主党がヒアリングで「尾身先生もメンバーに当然、入っているのかと思った」と尋ねたところ、「入っていない」と素っ気なく回答した。

「専門家としてハッキリと意見するようになった尾身氏が煩わしく、菅首相に忖度し、外したんじゃないかという話を聞いた」(立憲民主党幹部)

尾身会長は国会で6月4日、東京五輪開催につい自身の考え方を近く示す方針を明らかにした。
だが、田村憲久厚生労働相は「自主的な研究の成果の発表という形で受け止めさせていただく」とスル―した。

田村厚労相は『専門家に引っ張られるな』と菅首相に叱責され、萎縮している。
『今回の尾身発言で東京五輪・パラ中止という世論の流れにならないか、心配だ』と首相は周囲に愚痴っています。

今回ばかりは菅首相の怒りがすごい。『これ以上、厳しい意見が続くと分科会を開かせない』とストップがかかる危惧も出ています。
首相の頭の中には、東京五輪を大成功させて、自民党総裁選でも勝って続投を決める。その勢いで衆院解散して、勝利というイメージであふれている。そこに誰も口をはさむことができません。

『野球もサッカーも、クラスターは出てないじゃないか』『専門性ある意見を聞くためであって、五輪開催はこっちで決めるんだ』と菅首相はよく言っています。
だが、五輪をやったはいいが、感染拡大となれば、菅政権は退陣でしょう。
勝負をかけるのはいいが、国民まで巻き込んでさすがにやばくないか、と党内でも心配する声が聞かれます」(自民党幹部)


とにかく菅の一声でのオリンピック開催ですから、そりゃ尾身さんも自己保身に出ますよね。
東京オリパラでもし感染爆発したら目も当てられない。
専門家がGoサイン出したんだ!と政府は専門家のせいにする可能性もあります。
尾身さんに追随する分科会の専門家もいるようですし空中分解しそうですね。

posted by ラッキープール at 19:37| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください