2021年05月13日

“徴用工訴訟”日本製鉄、現金化手続き進む

韓国のいわゆる元徴用工訴訟で賠償を命じられた日本製鉄の資産について、売却して現金化するための鑑定手続きが進んだことがわかりました。
賠償を命じられた日本製鉄の韓国国内の資産について、大邱地裁・浦項支部が委託した鑑定人が今年1月15日付で裁判所に鑑定書を提出しました。
これにより、資産を売却し現金化するための鑑定手続きが、進んだことになります。
日本製鉄の資産をめぐっては裁判所がすでに売却命令を出すことが可能な状態になっていますが、韓国の聯合ニュースは「売却命令の時期は決まっていない」と伝えています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4851d38937e905ed0fe2e06c89e4718b594284cd
(5/13、日テレ、ヤフーニュース)


1965年の日韓基本条約に「この賠償は解決済み」と明記されたものを蒸し返す韓国。
こういうちゃぶ台返しはやめ、約束は守りましょう。

posted by ラッキープール at 20:36| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください