2020年10月06日

日本学術会議、任命拒否問題。中国1000人計画との関係

日本学術会議、新会員候補のうち、6人の任命をスカ首相が拒否したことについて

どうやら中国の1000人計画が絡んでいるようです。
1000人計画とは中国が科学研究、技術革新、起業家精神における国際的な専門家を認定し、採用するために2008年に策定した計画・制度です。
軍事転用可能なデュアルユース技術を含む最先端技術の獲得のために、海外から優秀な研究者を呼び寄せています。
選抜された研究者には100万人民元の一度限りの賞金と、研究や学術交流のための多額の資金、住宅費や交通費の援助が提供されるとのこと。

日本学術会議は基本的にずっと軍事研究については行わないとしていますが、2015年、中国科学技術協会とは覚え書きを交わし緊密な連携を約束しています。
研究分野は様々ですが、ヤバいのはAI技術、燃料電池技術などは軍事的にも重要な技術であり、これらを中国と連携し共同研究していこうということです。

早い話が日本の技術を中国に売っている、そしてそれらが軍事転用されているということ。そしてこれらの科学者に日本の税金が使われているということです。
これは大問題でありスカ氏はこれについては大英断だったと思います。




posted by ラッキープール at 12:07| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください