2020年09月26日

米大統領選の行方

11月のアメリカ大統領選挙、現在のところ支持率ではバイデン氏がややリードというところだが。

現在の米中の覇権争い、中国共産党の台頭を止めるには、ここはトランプ氏に勝ってもらわないと困る。
言動など問題のある人物だがバイデン氏に今のトランプ氏のような対中強硬策はとれないだろう。

この流れに日本も乗っていくしかない状況で一部大手自動車メーカーなどはまだ中国にすり寄っている。
目先の儲けしか考えておらず全くのノーテンキ。
現在の政権の中にも親中と呼ばれる大物がいるが、日本は今後中国に対しどうゆう対応を取るのだろうか。

いずれにせよ世界の主要国は今後中国抜きのサプライチェーンを構築することになる。
日本もそれに乗っていくしかない。



posted by ラッキープール at 07:32| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください