2020年09月19日

【小説?仮説?かな】中国が世界を征服する日

『新型コロナ(武漢肺炎)は中国が作った』

世界をパンデミックに陥れた新型コロナ(トランプ氏風に言うと武漢ウイルス)。

米国に亡命中の元香港大学ウイルス学者、閻(閆)麗夢博士が最新研究報告書を公開している。
(閻(閆)麗夢博士は元中国のウイルス研究専門家)
https://www.visiontimesjp.com/?p=6556

・・・これによると
SARS-CoV-2は、自然に発生する人畜共通感染ウイルスと一致しない生物学的特性を示します。
SARS-CoV-2は、バットコロナウイルスZC45および/またはZXC21をテンプレートおよび/またはバックボーンとして使用して作成された実験室製品である必要があります。(英語→日本語翻訳のため一部表現のおかしな部分があります。)
https://www.visiontimesjp.com/?p=8985

そしてワクチンも同時にすでに完成させているとしたら・・・
程よいタイミング(世界中が経済的、社会的に大きなダメージを受けた時、つまりちょうど今頃)でワクチンを世界に供給し、それにより各国に恩を売り、さらに儲ける。

アメリカを押しのけ中国が世界のトップに立つ、まさに巨大な野望が完遂する。

注)新型コロナウイルスについては人為的に製造されたものではないとする科学者が多数います。あくまで仮説の領域です。
posted by ラッキープール at 06:46| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください