2021年10月17日

衆院選、各政党の公約まとめ。自民よりやっぱ野党だわ!

衆院選(19日公示、31日投開票)に向け、各党の公約が出そろった。
与野党とも新型コロナウイルス対策に力点を置き、こぞって現金給付を打ち出す一方、外交・安全保障政策では違いが際立った。

1017_01.jpg

コロナ禍で疲弊した経済の立て直しでは、与野党ともに「分配」を掲げ、現金給付を前面に出した。
自民は金額は示さずに非正規雇用者や女性、子育て世帯、学生らへの経済的支援を示し、公明は「0歳から高校3年生まで」に一律10万円相当を給付するとした。

野党側も「低所得者へ年額12万円」(立民)、「一律10万円で低所得者に10万円上乗せ」(国民民主)、「中間層を含め1人10万円を基本に低所得者には手厚く」(共産)などを提案した。主要野党は消費税減税でも足並みをそろえた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1021ae60ccbb74c38a5292fac1cf70cfd98eff04
(10/17 ヤフーニュース、読売オンライン)


もう自民はしばらく下野してもらって構いません。
岸田政権の閣僚の中には選挙で負けそうな方も・・・・という話も聞こえてきます。
政権交代を望みます!
何たって大きいのはやっぱり消費減税です。時限的でもやっぱり有難い。




posted by ラッキープール at 19:15| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野党のデマ流すツイッターアカウント「Dappi」と自民党の関係

ツイッター上で名誉を毀損されたとして、立憲民主党の小西洋之ら議員2人が損害賠償と投稿削除などをもとめる訴訟を東京地裁に起こした。
安倍晋三や麻生太郎といった特定の政治家が有利になる情報を流す傾向のある「Dappi」なるネトウヨアカウントは、野党議員の発言を捏造したり、切り取り歪曲した動画を流し、たびたび問題になっていた。

立憲民主党の福山哲郎が安倍の不規則発言を注意したときの映像を分科会の尾身茂会長に対して声を荒らげたように編集したり、菅義偉と枝野幸男の党首討論を歪曲編集したものを垂れ流したり。
立憲民主党の有田芳生の長男が北朝鮮に頻繁に出入りしたというデマも流している。

重要なのは、このアカウントが個人ではなく東京都内に本社を置くウェブ制作会社により運営されていたことだ。
その得意先は「自由民主党」などとされている。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/296093
(10/16 日刊ゲンダイ)


これは、資金力のある勢力が企業にデマや歪曲動画を制作させ、個人を装って、世論形成・世論誘導を行っていたという政治の根幹に関わる大事件である。
この企業がDappiアカウントだけを運用していたとは限らない。
また、同様の工作活動を行っている企業が他に存在しないと考えるほうが不自然だ。
現在、疑われているのは自民党だ。国民を騙すために税金が使われていたとしたら、党の存続に関わってくる。
岸田政権は総選挙前に真相を明らかにすべきだ。


こうゆうような国民を騙す手口は昔から当たり前に行われています。
ネットだけではなくテレビや新聞含めあらゆるメディア上で当たり前に、しかも正々堂々と行われているわけです。
悪い言葉で言えば「情報操作」「洗脳」ということ。
皆さん、気を付けましょう・・・というより国民が賢くなる以外に防ぎようがありません。
何事も疑ってかかることが重要。簡単に信じ込まないことが必要です。何とも情けない状況ですが・・・・

posted by ラッキープール at 00:14| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする