2021年10月16日

れいわ・山本氏 比例東京ブロックで出馬。二階のじじいは引退せず!

れいわ新選組の山本太郎代表は16日、次期衆院選で比例代表東京ブロックから立候補すると表明した。
東京・JR池袋駅前で街頭演説し、「東京で中心となり、全国の候補者の応援に回る」と述べた。
既に発表していた8選挙区の公認候補を取り下げ、うち4人を比例代表の単独候補に回す方針も示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63794291b43fd08fc708db47385d13739c800b26
(10/16 ヤフーニュース、毎日新聞)

山本氏は比例東京ブロックの名簿順位は単独1位となり、「永田町が一番嫌がるミサイルを撃ち込む必要がある。れいわと書いてもらえる闘いを広げたい」と理解を求めた。
衆院選では自身を含め、21人を擁立する。


比例になりましたか。
ま、確実に当選はするでしょう。
一方、ファーストの会は結局候補者擁立を断念。来年の参院選からのスターとなるようです。

自民の二階氏。何とまだ引退せず衆院選に出るようです。
衆院選和歌山3区に出馬予定の自民党前幹事長、二階俊博氏(82)が16日、和歌山県御坊市島の事務所で報道陣の取材に応じた。
自身の後継者について問われ、「育てるとか託すとか、僭越(せんえつ)なことは考えていません」と述べ、今後も後継指名を行う考えのないことを示した。
報道陣の取材に「私が立候補するのは当たり前のことだ」と話したとのこと。

https://mainichi.jp/articles/20211016/k00/00m/010/180000c
(10/16 毎日新聞)

和歌山3区には二階氏の他、共産新人の畑野良弘氏(61)、諸派新人の本間奈々氏(52)、無所属新人の根来英樹氏(51)が立候補を表明している。
諸派新人の本間奈々氏というのは政治団体「新党くにもり」代表で元総務省官僚。
やはり二階氏の地盤強固というところでしょうか。









posted by ラッキープール at 23:06| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする