2021年09月22日

新型コロナ治療薬、英グラクソ製「ソトロビマブ」、変異株も撃退!

どんな変異株も撃退する――。
こんな新型コロナの治療薬が登場して注目を浴びている。
英製薬大手のグラクソ・スミスクラインが開発した「ソトロビマブ」だ。
重症化する前の軽症・中等症の患者に投与するもので、厚労省は今月末にも特例承認する方針を固めた。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/295063
(9/22 日刊ゲンダイ)

現在、2種類の中和抗体を組み合わせた「抗体カクテル療法」があるが、このソトロビマブはたった1種類、1回の点滴で済む。
海外で1057人が参加した臨床試験では入院や死亡を79%減らす効果が確認されたという。

日本医科大学特任教授の北村義浩氏は21日のTV番組で「アルファ株でもデルタ株でも全部やっつけますよという『凄腕のスナイパー』みたいなもの」と称賛。

ハーバード大学院卒で医学博士の左門新氏は、試験管内の細胞実験ではデルタ株やラムダ株をはじめ『懸念される変異株』『注目される変異株』への効果が確認されました。このことから、今後、新たな変異株が出現しても重症化を予防できる可能性が高い。かなり明るいニュースです」

「グラクソはかなりの開発費をかけているはずだから1本10万円ともいわれる抗体カクテルと同程度の価格になるとも考えられます。そうであれば誰もが点滴を受けられるわけでもないはず。まずは基礎疾患のある人や重症化の懸念のある高齢者が優先されるでしょう。医師が優先順位で悩むことも考えられます」(左門新氏)


これまでの抗体カクテル療法と同じく重症化する前の軽症・中等症向けの治療薬です。
第5波のように感染者が急増し医療崩壊が起これば結局何の意味もないのではないでしょうか。
軽症者が自宅療養中に重症化し亡くなっていった・・・これが事実です。
つまり必要なのは誰もが入院でき、症状が悪化した場合にすぐに対処できるような医療体制を整えることが最も重要ではないでしょうか。
良い薬があっても使えないなら意味なしとならないような政府の対応が必要です。

posted by ラッキープール at 15:43| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝島社、広告でコロナ対策を批判「自宅で見殺し」、日経・朝日・読売に!

出版社の宝島社(東京)は22日、「国民は、自宅で見殺しにされようとしている。」と政府の新型コロナウイルス対策を批判する見開きの企業広告を、全国紙3紙の朝刊に掲載した。

0922_02.jpg
(国民は自宅で見殺しにされようとしている。今もひとりで亡くなっている人がいる。涙が出る。怒りと悲しみでいっぱいになる。この国はいつからこんなことになってしまったのか。命は自分で守るしかないのか。)

掲載したのは日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の22日付朝刊。
汚れて捨てられたようなクマのぬいぐるみの写真と共に「今も、ひとりで亡くなっている人がいる。怒りと悲しみでいっぱいになる。この国はいつから、こんなことになってしまったのか。」と訴え、医療現場が厳しい状況に追い込まれた対策の在り方に、疑問を投げ掛けた。

宝島社は5月にも政府の新型コロナウイルス対策を批判する見開き2ページの企業広告を全国紙3紙に掲載している。
「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ政治に殺される。」
0922_01.jpg


政府の自宅療養という名の自宅放置政策。
とんでもない国民の命を全く無視した最低最悪の政策は、厚労省の一部官僚と厚労大臣、菅総理の判断のみで実施されたということは以前にこのブログにも書かせていただきました。
自民党は腐りきっています。
国会開かず、説明せず、自己の権力維持に血眼で国民など眼中になし・・・菅政権が如実に物語っています。
総裁を変えたって何も変わらない。すぐに増税が待っています。
それでも自民に投票しますか。


posted by ラッキープール at 12:16| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする