2021年09月17日

原発ムラが「河野太郎氏は絶対NO」と包囲網。総裁選レース脱落か

「財界の空気は『岸田氏歓迎、河野氏は絶対NO』です。やはり、エネルギー政策がネック。
脱原発について『安全が確認された原発を再稼働していくのが現実的だ』などと路線変更を図ったように見えても、信用ならない。
防衛相時代に陸上イージスの配備中止を独断で決めたように、首相になったら独断で脱原発へ走りかねません」(経団連企業関係者)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/294891
(9/17 日刊ゲンダイ)

こうした経済界の要望に国会議員らも反応。
「原発のリプレース(建て替え)推進議員連盟」がおととい、急きょ会合を開き、総裁選への対応を確認した。
さながら、原発ムラの河野包囲網、といった様相だ。

経済界や族議員の動きは、業界団体で組織される職域支部の職域党員の判断に大きく影響する。
職域党員は自民党員の約4割ともいわれる。

「電力や自動車や電機に建設も含めた原発ムラ産業は、大企業の下にピラミッドのように下請けや孫請けがいる。地方の名士も少なくない。今後、『河野NO』が幅広く浸透する可能性があります」(自民党関係者)

原発ムラの影響を受けるのは職域党員だけじゃない。
衆院選を間近に控える衆院議員や来夏の参院選を意識する参院議員らも、政治献金や選挙の集票マシンとしてムラの世話になる。
自主投票となった議員票の行方も左右しかねない。


やはり核燃料サイクルにまで及んだ発言はまずかったと思います。
自民政治の暗部に手をつけてしまった。これで本命からすべり落ちたとみるべきです。

自民党総裁選は本日告示され、4氏による共同記者会見が開かれました。
目立ったのは高市氏の話し方、会見のうまさですかね。
また野田氏も告示ギリギリの出馬表明でしたが、しっかり準備していたという内容で良い会見でした。少し早口なのは気になりましたが・・
これは初の女性首相の誕生の可能性もかなり高いのではないでしょうか。



posted by ラッキープール at 17:43| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする