2021年09月14日

中国で使用済み核燃料のガラス固化スタート、原発大国へ

中国が政府目標の2060年カーボンニュートラルに向けて具体的な一歩を踏み出した。
原発大国の道を進み続ける中国が、放射性廃棄物をガラス固化して廃棄する施設を稼働させた。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/post-97099.php
(9/14 ニューズウイーク)

原子力発電所は温室効果ガスを排出しないという点で、クリーンエネルギーとされることもある。
問題は、原発が生み出す放射性廃棄物だ。
長期間にわたって放射線を放出し続ける使用済み核燃料をいかに安全な方法で廃棄するかだ。
中国は、摂氏1100度前後の高温で、液状の放射性廃棄物とガラス原料を混ぜ合わせた。
それが冷えると、放射性廃棄物はガラス内部に閉じ込められて、危険な放射能が漏れ出すのを防げる。

放射性廃棄物ガラス固化と呼ばれるこの技術を実用化したのは、中国が世界で最初ではない。
アメリカ、フランス、ドイツなどの多くの国が、この方法で放射性廃棄物を廃棄している。

環球時報によれば、中国では、ガラス固化された放射性廃棄物は、地下数百メートルの貯蔵場所に保管する予定だという。
中国国家原子能機構(CAEA)の劉永徳チーフエンジニアは環球時報に対し、使用済み燃料の処理法確立により、中国が世界に約束した2060年カーボンニュートラル(脱炭素)目標達成を加速させるだろうと言った。

これまで電力の大半を石炭火力に依存してきた中国は、温室効果ガスの巨大排出源として批判を浴びてきた。
それを原発で置き換えようというわけだ。
中国は、原子炉の設計と建設をほぼ国産化しており、現在稼働中原子炉51基に加え、さらに18基を建設中だという。
運転中の原子炉の数では、アメリカとフランスに次ぐ世界3位になる、とフォーブスは伝えている。


日本も確か青森県六ヶ所村の高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(日本原燃株式会社)でガラス固化は行われているようです。
脱原発もさかんに議論されていますが、他の自然エネルギー等で国内すべての電力需要を満たすのは現状困難な状況で、すぐにすべてを止めることは難しいでしょう。


posted by ラッキープール at 20:21| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国、来年1月のフィギュア四大陸選手権をコロナで断念、2月の北京五輪も中止か!

国際スケート連盟(ISU)は13日、来年1月のフィギュアの四大陸選手権について、天津(中国)での開催を断念すると発表した。
新型コロナウイルスの感染対策が困難だとして、中国側から申し出があった。

https://www.sankei.com/article/20210914-USYA6W6JUBMGZM4WMC32RIRM3Y/
(9/14 産経新聞)

北京での冬季五輪は来年2月です。
これはひょっとすると五輪も中止となる可能性が出てきたと考えて問題ないと思います。
それとも五輪をやるため無駄にリスクのある大会は開かないということかも・・・
広大な中国ですが北京と天津の距離はわずか110㎞程度。
また以前からウイグル問題などでボイコットというようなことも言われています。
どうなることやら・・・
posted by ラッキープール at 13:08| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリ・パラで使用されたトヨタ車約2700台、中古車市場へ大量流入中

香川、富山、岡山、愛媛、熊本、群馬……各地のトヨタ中古車販売店でトヨタ認定中古車として販売されており、その台数は9月11日現在プリウスPHVだけで36台。これから全国に広がっていきそうだ。

中古車はすべて『東京2020オリンピック・パラリンピックの大会運営に使用された車両』として「トヨタ認定中古車」を扱うトヨタディーラー系の中古車店で販売されるそうだ。

距離は新車同様の18kmから上は4000kmまで。大体1000km以下が中心だ。年式は令和2年と3年。

トヨタ認定中古車を販売する西日本のディーラーに聞いてみたところ、早くも話題になっているようだ。
「ほぼ新車同様という中古車も多く、認定中古車なので保証も万全ですし、ハイブリッド車の補償も完璧です。
新車を買うことを考えればかなりお買い得なのではないかと思います。
東京2020のラッピングも貴重ですね。
まだ今はプリウスPHVが中心と思いますが間もなく、ノアやヴォクシーも増えてくるでしょう」。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7748ee7bf573e6a718beb79ffe411650a7f7bcf9
(9/13 ヤフーニュース)


これは確かにお買い得!
トヨタ認定中古車ですからクリーニング済みで検査証明、ロングラン補償、中古車ハイブリッド補償等がついてきます。

ま、車はスポンサーであるトヨタが提供していたものですから売り上げはすべてトヨタのもので、オリパラの赤字補填にはなりませんけど・・・

posted by ラッキープール at 11:18| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポール、ワクチン接種率8割でも感染急増「コロナ共存」へ試練

新型コロナウイルスのワクチン接種完了率が8割を超えたシンガポールが、深刻な市中感染者急増に見舞われている。
経済への打撃が大きいコロナ根絶戦略から、「コロナとの共存」に向けて行動制限緩和に切り替えたところ、早くも試練に直面した。

人口約570万人の同国で、新規感染者は12日まで3日連続で500人を超えた。
人口比で考えると日本で1万人超に匹敵する。
ワクチン接種者を対象に1組5人までの外食を認めるなど、厳格だったコロナ制限を一部緩和したのが響き、感染者が8月下旬から急増し始めた。

ワクチン接種完了率は81%と「恐らく世界一の水準」(オン保健相)に達し、満を持して緩和に着手したはずだった。
しかし、感染力が強いデルタ株が生鮮市場や商業施設を通じて拡散。
期待された集団免疫はいまだ獲得されておらず、保健省は「接種率9割を大幅に超えないと獲得は難しい」と悲観的だ。

それでも、ワクチン接種浸透により重症化リスクは着実に低下。
政府はコロナ共存をにらみ、感染者が出ても重症者が増えなければ規制を緩めていく出口戦略を描く。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a127ceb2f9919ee4b9bed304df1a62855be3518d
(9/13 ヤフーニュース)


どうやら日本も同じ道を歩みそうです。
政府は希望者すべてにワクチン接種が終わる10~11月をめどに、宣言中でもワクチンパスポートや陰性証明のある場合は行動制限を緩和するという検討をしています。
つまりは結果的にシンガポールをはじめ他のワクチン接種が進んだ国と同様、感染者数は減らないと思われます。
また、感染力や致死率など詳細がはっきり解明されていない変異種もかなり多く出てきており、新型コロナはこの先長期にわたり付き合っていくことになりそうです。
posted by ラッキープール at 11:01| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする