2021年08月24日

厚労省所管の独立行政法人病院、コロナ患者受入は病床のたった5%という矛盾

国立病院機構(NHO)と地域医療機能推進機構(JCHO)。いずれも厚生労働省が所管する独立行政法人であり、旧国立病院など公的医療機関を傘下に置く。
そのネットワークは国立病院機構が全国140病院で計約3万8000床、地域医療機能推進機構は全国57病院で同約1万4000床を有している。
ちなみにJCHOの理事長はみなさんご存じの政府対策分科会の尾身茂会長である。

https://toyokeizai.net/articles/-/450095
(8/23 東洋経済オンライン)


国立病院機構と地域医療機能推進機構はどれほどコロナ患者を受け入れているのだろうか。
筆者が入手した資料によると、7月末時点で、国立病院機構の全国140病院の計約3万8000床のうち、コロナ病床は1854床(4.8%)、地域医療機能推進機構は全国57病院の同1万4000床のうち、816床(5.7%)。合わせてざっと5%程度にすぎない。

2機構には、それぞれよって立つ法律もある。
国立病院機構法と地域医療機能推進機構法は、それぞれの21条に、「公衆衛生上重大な危害が生じ、若しくは生じるおそれがある緊急の事態に対処するため必要があると認めるときは、(厚労相が)機構に対し、必要な業務の実施を求めることができる」といった規定がある。

いま、まさに「公衆衛生上重大な危害」に直面し、コロナ陽性と診断されて療養している患者約4万5000人(8月20日現在)のうち、入院できているのはわずか8.7%の3845人だ。1カ月前はこれが25.2%だった。
4人に1人が入院できたのに、1カ月で10人に1人も入院できなくなった。入院やホテルなどでの療養を調整中の人は、1カ月前の1671人から、1万2000人余りに急増した。

東京では、国立病院機構は3病院の計1541床のうち128床しかコロナ病床に提供できていない。
地域医療機能推進機構も5病院の計1455床のうち158床だ。
実際の入院患者は8月6日時点で計195人と、同日に都内で入院していた患者3383人の5.8%にとどまった。
災害同然の危機的な状況なのに国が関与する医療機関の対応として妥当なのかと疑問に思う。

8月20日、記者会見で田村憲久厚労相に聞くと
「法律にのっとってというより、いまもお願いはしておりまして、病床は確保いただいております。無理やり何百床空けろと言っても、そこには患者も入っているので、転院をどうするという問題もあるので、言うには言えますが、実態はできないことを言っても仕方がない。極力迷惑をかけない中で最大限の病床を確保してまいりたい」

NHO、JCHO両機構の法は、「求めがあったときは、正当な理由がない限り、その求めに応じなければならない」とも定めている。にもかかわらず、「お願い」しかできないのが実情なのだ。
要するに、「法整備」は立法する官僚と政治家の自己満足にすぎず、実効性はないと言っているのと同じではないか。


厚生労働省所管の病院でも未だにこのような現状。
もっと早く手を打って一般患者を民間病院に転院させ、コロナ専門病院的なものに変えていれば現在の医療崩壊は防げたかもしれない。
政府はとにかく何か問題が起こらないと動かない、リスクマネジメント力は全くなし。
というよりPB黒字化の目標など定めているから政府はお金を使わない。
使うべきところに使わないと・・・利権、中抜き業者ばかりにお金を配っているんじゃどうしようもない。
何とかならないものですか。
posted by ラッキープール at 11:22| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

横浜市長選、惨敗の自民党。菅が画策する奥の手は!

しかし横浜市長選は自民、菅にとってとんでもない惨敗でした。
なんと投票終了直後にゼロ打ちで惨敗。
今後の首相は果たしてどう動くのか?

何とパラ閉会式の翌日に解散に打って出るという話があります。
野党が体制を整える前にということでしょうか。
パラ閉会式が9/5ですから9/6ということになります。
やはり菅としては解散前の総裁選はリスクがあるということなんでしょう。
現状、武市氏や下村氏、岸田氏などが出馬の意向のようですが、この連中なら問題ないものの、河野氏が出てきたらヤバイ状況になるのではないでしょうか。
やはり総裁選より解散を先に打ちたいようです。

まあ二階と菅はお互いのスダレ頭にワクチンを5本くらい打って色々と作戦を練っているのでしょう。
どうなろうがこれだけ国民に嫌われたらおしまいです。

posted by ラッキープール at 21:21| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月22日

横浜市長選 野党系の山中氏が当選確実!

横浜市長選は22日投開票され、無所属新人で元横浜市立大教授の山中竹春氏(48)=立憲民主党推薦=が、元国家公安委員長で新人の小此木八郎氏(56)や現職の林文子氏(75)ら7人を破り、初当選した。
横浜がお膝元の菅義偉首相が全面支援した小此木氏が敗れたことで、秋の自民党総裁選や衆院選への影響は避けられない。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/126121
(8/22 東京新聞)

まだ20時過ぎなのに早くも当選確実ですか。
これで菅は完全に選挙には勝てない男になりました。
果たして国政の方はどうなるのでしょうか。
posted by ラッキープール at 20:35| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月21日

開幕を前にパラリンピック関連の感染者 100人超える、アホか!

3日後に開幕する東京パラリンピックに関連して、海外から来日した選手1人など新たに15人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。
組織委員会が今月12日から発表しているパラリンピックに関連した感染者の数は100人を超え、101人となりました。

また組織委員会は、20日の検査で陽性反応を示したと発表した選手1人の濃厚接触者に9人が認定されたことを明らかにしました。
9人はいずれも隔離の措置が取られていて、毎日検査を行ったり必要な感染対策を講じたりしたうえで、練習や競技への参加を判断するということです。

一方、すでに閉幕したオリンピックに関連して海外から来日した大会関係者1人の感染も確認され、オリンピック関連の感染者は547人に上りました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210821/k10013215481000.html
(8/21 NHK)

だいたい今の国内の感染爆増の中、何の議論もないままパラを開催した理由がわかりません。
菅首相も国民に自粛を求める中で、特に重症化リスクのある選手も多いパラを安心安全に開催できるのかについて、その根拠などは一切説明していません。
丸川五輪相もパラ選手のワクチン接種率について「私、知らな~い」と・・・完全にアホ。
菅首相は自身の権力維持強化だけしか頭になく、新型コロナのことなんて全くうわの空、国民にはワクチンさえ与えておけばOKという考えのようです。
東京都の小池おばさんもコロナ対策は完全に失敗。もう終わりでしょう。東京都民はまさに「小池にはまって、さあ大変!」。
保健所のオーバーフローで東京都は発表されている感染者数より実際はもっと多いというようなことが言われています。
だいたい全て保健所を通さなければならないシステム自体が終ってます。
コロナ過が始まってもう1年半です。その間何も具体的な改革をせず、ただただ行き当たりばったりの政策を続けてきた政府や厚労省は重罪です。
いずれにせよ一旦全国の感染者、重症者、自宅療養者などを大幅に下げる対策を打たないと、今年の年末年始は大変なことになると思います。
全国知事会ではロックダウンできるような法整備を求める声が上がっています。
まあ、菅は何もしないと思うけどね・・・





posted by ラッキープール at 15:31| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

6割近くが現政権の続投望まず、次期首相は河野氏トップ。ロイター企業調査

8月のロイター企業調査によると、今秋に行われる総選挙において、望ましい選挙結果は自公で過半数(233議席以上)が33%、自公で安定多数(244議席以上)が29%を占めた。
一方で、自公過半数割れ・与野党伯仲が18%、政権交代が8%と、自公安定政権の現状に変化を求める声も出ている。

また、58%が現政権の続投を望んでいないと回答。
第5波に突入した新型コロナ対策や経済対策への不満が続投を望まない理由として上がっている。
望ましい次期首相は、河野太郎氏が39%でトップ。石破茂氏が19%、岸田文雄氏が10%で続いた。

https://jp.reuters.com/article/reuters-survey-august-idJPKBN2FK2G6
(8/20 ロイター)

0820_01.jpg

総選挙の望ましい結果については、引き続き、自民党・公明党による安定政権を望む声が多い。
「安定政権の下での着実な政権運営が必要」(化学)、「コロナ禍で大きな政変は不要」(電機)などの声が聞かれ、安定多数以上の議席獲得が望ましいとする企業が全体の4割近くを占めた。

一方で与野党伯仲や政権交代を望むとする企業も26%に上った。
「日本経済にとっては良くないと思うがコロナ対策の不手際を考えれば妥当」(金属)、「与党は有事の際の危機管理能力が欠如している」(輸送用機器)などの声がある。
一方、受け皿となる野党が存在しないことを嘆く声も多くみられた。

また、総選挙後に現政権の続投を望まないとする企業は58%と、6割近くに達した。
新型コロナ対策が後手に回っていることなどが失望感を招いており「説明責任を果たしていない」(小売り)との指摘が複数から上がっている。

企業も個人も同じだと思います。
菅政権が続けば地獄!とうことは確か。

posted by ラッキープール at 14:38| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする