2021年07月20日

ワクチンをロケットブースター点火で4回接種のおじいちゃん、健康状態は?

ワクチンを3回以上接種する行為は“ブースター”と呼ばれ、今、その必要性について世界で盛んに議論されている。
イギリスやイスラエルでは抗体レベル向上への期待から、3回目の接種に向けて準備を進めている段階だ。

そんな中、日本では7月に入ってからというもの、80代の男性がワクチンを4回接種する事態が2件発覚している。
「たくさん打てば免疫が高まると思った」と話しているという。

https://dot.asahi.com/dot/2021071900039.html?page=1
(7/20 AERAdot.)

担当者は男性の予後について、「今のところ本人に変化はなく、熱もない」と話す。
6日の発覚以降、電話や自宅訪問などで健康状態の聞き取りをしてきたが、12日時点でこれといった副反応はないという。

ブースターをめぐっては、アメリカの製薬大手ファイザーが新たな動きを見せている。
同社は8日、2回目の接種から半年後に3回目の接種を受けることで、抗体レベルが従来の5~10倍に上がるという見解を発表。
来月には、規制当局に3回目の追加接種の緊急使用許可を申請する見通しだ。
これに対して米食品医薬品局(FDA)と米疾病対策センター(CDC)は共同声明で「現時点ではブースターは必要ない」との見方を示した。

ただ、今後の状況によってはブースターが必要になる場合もあるという。
新たな変異株が次々と出てくるようであれば、ブースターが必要になることも考えられます。
変異株の発生に備えてブースターを打つための用意は必要だと思いますし、今後のワクチン開発では、その時々の流行株に対応させていく必要があります。

ワクチンの供給について、自国だけでなく地球規模での視点を持ち合わせるべきだ。
「まずはブースターではなく、発展途上国などワクチンが十分に行き渡っていない国に供給しようという意識を向けてほしい。自国のことを考えると同時に、世界全体のことを考えなければ収束には向かわない。世界全体の足並みがそろわないと、流行は終わらないと思います」

まさに暴走じいちゃん。長生きしてくれ!


posted by ラッキープール at 22:28| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らぬ間に進むペットのコロナ感染、感染者と同居の猫6割、犬4割が陽性

愛猫や愛犬はかけがえのないパートナーだが、飼い主側が新型コロナウイルスに感染すると、かなりの確率でペットにもうつってしまうようだ。感染者の家庭にいる猫の6割、犬の4割で感染歴が確認されている。
カナダ東部・オンタリオ州のゲルフ大学の研究チームが明らかにした。

感染ルートとしては散歩中の外部からの感染などもあり得るが、研究チームは大半が飼い主経由だと考えている。
ペットへの新型コロナウイルスの感染は、起きたとしても気づきにくいのが実情だ。
感染したペットの大半は無症状であった。
有症のケースでは、猫では鼻水と呼吸困難、犬では体力の低下と食欲不振が最も多く見られた。

現時点で確認されている経路は人からペットへの感染のみであり、ペットから人への感染は確認されていない。
しかし、「その可能性は完全には排除できません」と述べ、ペットをほかの家庭の人あるいはペットに近づけないよう勧めている。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/07/64-5.php
(7/20 ニューズウイーク)

posted by ラッキープール at 20:28| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原案判明 天皇陛下、五輪開会宣言で「祝い」と表現せず・・そりゃそうだ!

7月23日に行われる東京五輪の開会式。
そこで、天皇が読み上げられる「開会宣言」に「祝い」の文言が今回は入らないことが「週刊文春」の取材で分かった。

https://bunshun.jp/articles/-/47269
(7/20 週刊文春)

1964年の東京五輪では昭和天皇が「第18回近代オリンピアードを祝い、ここにオリンピック東京大会の開会を宣言します」と憲章通りの文言を述べられた。

今回の現状の原案では『ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します』となっています。

「新型コロナの感染状況が悪化して緊急事態宣言が出され、多くの世論調査で国民の半数以上が反対している五輪について、祝意を明言することは回避したいという天皇陛下のお気持ちを“拝察”した宮内庁と組織委などで事前調整がなされたのでしょう」

さすがに緊急事態宣言が出されている状況で「祝い」とは言えない。
本日はIOC総会も開かれたようだが、開会前なのに選手村や関係者らの陽性者が出ている状況でも菅は「国民の命と健康を守ることを優先に、選手や関係者にも安心して大会に参加していただけるよう対策を徹底する。安全、安心の大会を実現する決意だ」と述べたという。
水際はザルだしバブル方式なんていうのはとっくに崩壊しているし、そのような言葉をよく平気で言えるなと・・・
官僚が作った原稿通りなのか。
海外メディアでは東京五輪ではなくコロナ五輪として後世に残るだろう。。というような皮肉も言われています。
最終的に少なくとも数百人程度まで増えるのではないでしょうか。






posted by ラッキープール at 16:37| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月19日

ロックダウン解除のイギリス、国を挙げての感染実験?

07_19_01.jpg

感染者数が増加の一途をたどるイギリスは19日、イングランドのロックダウン解除に踏み切る。
リモートワークの推奨が打ち切られるほか、ナイトクラブなどの営業が可能となる。
これまで屋内の公共の場において着用が義務づけられてきたマスクは、引き続き着用が推奨されるものの法的規制は廃止し、店舗や交通機関に指針づくりを委ねる。

イギリスは現在、世界でも感染が急速に拡大している国のひとつだ。
16日には5万1000人超の感染が新たに確認され、今年1月に記録したピーク値に近づいた。
人口あたりの新規感染者数でみると、インドネシアとブラジルに次ぐ世界第3位(7日間移動平均値)となっている。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/07/20-91_1.php
(7/19 ニューズウイーク)

強気の経済再開の背景には、経済界からの要請があるほか、死者数がかなり抑制されてきている影響も大きい。
ワクチンの接種が進み、これまでに人口の半数以上が完全な接種を済ませている。
感染数は増加しても重症化と死亡の割合は目立って減っており、多くの死者を出した1月とは状況がかなり変化した。
死者数はじわりと増加傾向にあるものの、16日のデータで1日あたり49人に留まる。
1800人以上が亡くなっていた年初のピーク時とは顕著な違いだ。

しかし疫学者のニール・ファーガソン博士は1日あたりの新規感染者数が10万人に達することは「ほぼ避けられない」と述べる。
野党・労働党で保健問題を担当するジョナサン・アシュワース議員は英BBCに対し、19日付のロックダウン解除は「シートベルトを外してアクセルをベタ踏みするくらい無謀だ」と述べ、警戒感をあらわにした。

ロックダウン解除に隔離不要の制度にと、比較的少ない死者数を武器にした経済再開への攻めの姿勢が目立つ。
成功すればワクチン普及後のウィズコロナ社会のあり方を示せる可能性はあるものの、感染者10〜20万人との予測値を見るに、リスクの大きな試金石となりそうだ。

これは国を挙げての感染実験です。何とも恐ろしい。
確かにワクチンのおかげで重傷者や死者は極端に減ってはいますが「ゼロ」ではありません。
許されるんでしょうか?
あまりにパンデミックが長引き、日本のオリパラ強行開催と同様、他国でも気が狂った人が出てきているような・・・


posted by ラッキープール at 20:27| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

政治家よ、リーダーに求められているのは「IQ」より「EQ(こころの知能指数)」だ。

今、リーダーに必須なのは、「IQ」よりも「EQ(こころの知能指数)」だとされています。
「EQ」とは「自分や人の感情を理解し、共感し、人間関係を構築する力」を意味しますが、欧米ではこの「IQ vs. EQ」の議論が盛んで研究が進んでいます。

https://toyokeizai.net/articles/-/441373
(7/17 東洋経済オンライン)

東京都に緊急事態宣言発出の中、五輪の開幕は迫り、海外からはどんどんと人が流入し、日本人のモヤモヤ感、イライラ感は膨らむばかり。
そんな中、先日の西村経済再生担当大臣の「酒類提供停止に応じない飲食店に対する『取引金融機関から遵守働きかけ』『卸業者への取引停止要請』」発言は、まさに火に油を注ぐように容赦なく国民や飲食関係者に「燃料投下」、大いに非難を浴びました。

西村大臣といえば、「灘高→東大→官僚→国会議員」というピカピカのエリートですから、IQの高さはお墨付きです。
ただ、どうも話し方に血が通っていない。「『人の痛みや苦しみ』に鈍感なのでは……」という印象を受けてしまう気が。

人としての「温かみ」に欠けるこういうタイプは、「上下関係で物事を判断し、上にはおもねるが、下は人扱いしない」というところがあり、西村氏も周囲の職員が何人も辞める「パワハラ体質」だったという話も漏れ聞こえてきます。


話しを戻します。
政治への不信感が強い近年、海外の政治家は、堅苦しく冷たい印象の「プロの政治家」というイメージを払拭し、「Just like us(私たちと同じ)」という庶民的で等身大のイメージ醸成する方向にシフトしています。

「親しみやすさ」と「人気」は極めて強い相関関係があります。現代の政治家にとっては、市民に寄り添い、「あなたの気持ち、よくわかりますよ」と強い「共感力」を見せていくことが不可欠だということなのです。

今、世界の民主主義国では求められるリーダー像が、トップダウンで一方的に指示する「教官型」から、寄り添い、励ます「共感型」へと変わってきていますが、日本の政界や経済界ではまだ、そのパラダイムシフト、思考の転換ができていないようです。
菅首相がその典型的な例です。

07_17_01.jpg

この国の政治家の「上から目線感」「『俺たちは上級国民』臭」は目に余るものがあります。
その典型が麻生財務相です。

07_17_02.jpg

多くの先進国では、「コミュニケーションのプロ」が政治家をサポートし、「どういう物言いで」「どういった形で」伝えれば国民の納得が得られるのかを分析しています。そうやって緻密に戦略化すると同時に、政治家自身も、弁論や演説のプロであるのが当たり前。
しかし、日本には、そうした専門家はほとんどいませんし、政治家自身がコミュニケーションに関しては、まったくのアマチュアです。

欧米の政治家より日本人の政治家が劣る「3つのポイント」
1,「視線のずれ」
コミュニケーションにおいて最も大切なのは、徹底した「相手目線」。自分の言いたいことをただ言いっぱなしでは相手の理解も共感も得られません。
「聞き手の気持ちを慮り、その立場に立ってモノを言う」。それが、コロナ禍で支持を集める世界のリーダーの共通項なわけです。

2,「抽象的」で「何の絵も浮かばない」言葉
安倍氏が使ったような、「感動」や「絆」、菅首相の「安心・安全」といった抽象語は人の心を1ミクロンも動かしません。

3,「なぜか」がない
「なぜ、緊急事態宣言が必要か」「なぜ、オリンピックを開くのか」。今、われわれの頭の中には数多くのクエスションマークが渦巻いていますが、何ひとつ満足のいく回答が得られていません。


国民の信頼を得られていると思う政治家、自民党にいますか?
野党を含めた政治家全体でも数えるほどしかいないと思います。
秋の衆院選では知名度に拘らず、直接その人の人柄や政治家として目指すもの、難しいですがそういった個人の人間力とでも言うべきものを見抜いて投票する必要があります。
それがこの先の、まさしく「安心・安全」の国政につながっていくのではないでしょうか。






posted by ラッキープール at 14:53| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする