2021年06月04日

尾身会長の”謀反”、菅首相は激怒?

「(東京五輪を)パンデミックの所でやるのは普通ではない」「やるなら強い覚悟で」
東京五輪・パラリンピック開催をめぐり連日、新型コロナウイルス感染リスクについて強い警告を発している政府対策分科会の尾身茂会長に対し、菅義偉首相が激怒しているという。

『黙らせろ。専門家の立場を踏み超え勘違いしている。首相にでもなったつもりなんじゃないか』などと怒りを爆発させています。
尾身会長を菅首相が最近、ひどく疎んじているのは間違いありません。
もともと御用学者として側に置いていた尾身会長が謀反を起こし、自分の敵になったという意識が日に日に強くなっています。

https://dot.asahi.com/dot/2021060400050.html?page=1
(6/4 アエラ)


尾身会長はこれまで政府判断の追認役でしかなかったという。
それが北海道の一件以降、自身がワクチン接種を受ける姿をSNSで発信するなど、政治家的な動きや言動が目立つようになった。
(※延長される緊急事態宣言に北海道などを追加で含めるか、否かを協議した時の件)

菅首相と尾身会長の対立は『決めるのは自分』とお互いが意地を張り合い、権力闘争になっている感があります。
そんなことにうつつを抜かしている場合じゃないんですけど…(官邸周辺者)

一方で五輪の組織委員会は「東京2020大会における新型コロナウイルス対策のための専門家ラウンドテーブル会議」を設置したが、メンバーにこれまで新型コロナウイルス対策を主導してきた尾身会長の名はない。
立憲民主党がヒアリングで「尾身先生もメンバーに当然、入っているのかと思った」と尋ねたところ、「入っていない」と素っ気なく回答した。

「専門家としてハッキリと意見するようになった尾身氏が煩わしく、菅首相に忖度し、外したんじゃないかという話を聞いた」(立憲民主党幹部)

尾身会長は国会で6月4日、東京五輪開催につい自身の考え方を近く示す方針を明らかにした。
だが、田村憲久厚生労働相は「自主的な研究の成果の発表という形で受け止めさせていただく」とスル―した。

田村厚労相は『専門家に引っ張られるな』と菅首相に叱責され、萎縮している。
『今回の尾身発言で東京五輪・パラ中止という世論の流れにならないか、心配だ』と首相は周囲に愚痴っています。

今回ばかりは菅首相の怒りがすごい。『これ以上、厳しい意見が続くと分科会を開かせない』とストップがかかる危惧も出ています。
首相の頭の中には、東京五輪を大成功させて、自民党総裁選でも勝って続投を決める。その勢いで衆院解散して、勝利というイメージであふれている。そこに誰も口をはさむことができません。

『野球もサッカーも、クラスターは出てないじゃないか』『専門性ある意見を聞くためであって、五輪開催はこっちで決めるんだ』と菅首相はよく言っています。
だが、五輪をやったはいいが、感染拡大となれば、菅政権は退陣でしょう。
勝負をかけるのはいいが、国民まで巻き込んでさすがにやばくないか、と党内でも心配する声が聞かれます」(自民党幹部)


とにかく菅の一声でのオリンピック開催ですから、そりゃ尾身さんも自己保身に出ますよね。
東京オリパラでもし感染爆発したら目も当てられない。
専門家がGoサイン出したんだ!と政府は専門家のせいにする可能性もあります。
尾身さんに追随する分科会の専門家もいるようですし空中分解しそうですね。

posted by ラッキープール at 19:37| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダが疑問に思う、東京オリ・パラ開催は人間として正しい行動なのか?

カナダでも東京オリンピック・パラリンピックの報道は増加した。
その殆どが「開催されるか否か」「安全か否か」だ。
カナダでも「パンデミックなのにオリンピックをするのか?」という疑問と葛藤が存在している。

トロント大学の感染症疫学者であるコリン・ファーネス氏は
世界的なパンデミックの際の最悪な行動は、世界中から大勢の人が一箇所に集まり、密集して混ざり合い、また戻ってくることだと思います」と発言。
オリンピック開催は、まさにこの『最悪な行動』に当てはまる。


古参IOC委員のディック・パウンド氏の「菅首相が中止求めても開催」「アルマゲドンない限り五輪開催」などの傲慢なオリンピック強行開催発言はカナダ国内でさえ「傲慢なIOCの象徴」「カナダの恥さらし」と嫌悪感を示す人が多かった。
(※ディック・パウンド氏はカナダの元競泳選手)

5月中旬に行われた東京オリンピックに対するカナダの世論調査によれば、
「東京オリンピックにカナダの選手は出場すべきではないと思う」と答えた人は42%、「参加すべきだ」と答えた人は39%だった。
「東京オリンピックへの出場は安全だと思うか」という質問に対しては、46%の人が「いいえ」、35%の人が「はい」、19%の人が「わからない」と回答。
『行くと決めても、行かないと決めてもOK』という『どうでもいい』感が漂う結果となった。
カナダ国内でもオリンピックに対する情熱や熱狂が滑り落ちてしまっている状況だ。

<カナダが日本に対して抱く大きな疑問>
◎何故、東京オリンピック・パラリンピックをキャンセルしないのか
「非常事態宣言下で国民の60〜80%が反対しているのに、何故、キャンセルしないのか?」「何故、強行開催するのか?」「開催するなら何故明確な説明がないのか?」

◎何故、ワクチン接種が日本は飛び抜けて遅いのか
「オリンピック開催国なのに何故ワクチン準備を怠ったのか?」「準備が遅れた時に、何故、然るべき対策を立てなかったのか?」
カナダIOCが「オリンピック選手を優先してワクチンを打つ」案を掲げた時は大きな反発があり、その案は却下された。
しかし州が定めた順番に従って1回目の接種を終えているオリンピック選手が多い。オリンピック選手がワクチンを打つことは『特権』ではなくなっているのだ。

◎データに基づく具体的なベンチマークや詳細がないのは何故なのか?
「何故、データや数字がないのか?」「ベンチマークによる可否判断がないのは何故なのか?」「詳細がないのは何故なのか?」
通常、他国ではベンチマークが設定され「感染者数がこの数字に達したら規制強化/緩和」「ワクチン接種率がこの数字になったら規制緩和」と前もってアナウンスされる。日本は具体的な数字を出さない。
オリンピックの開催条件もキャンセル条件もない。まさに強行開催であり、サイエンスやデータには基づいていないのだ。
なし崩し的とも言えるし、行き当たりばったりとも言える。

-------------------------------------------------------------------------------------
https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/m/2021/06/post-6_1.php
(6/3 ニューズウイーク)

IOCにとって、日本は扱いやすい従順な開催国といえる。
しかしながら、国民の声を無視しオリンピックというスポーツイベントのためにパンデミック下で国民を危険に晒すという行動は賞賛されないし、むしろ疑問視されている。矛盾が多すぎる。

不特定多数の接触を避け、限定されたバブルを心がけると言っておきながら、選手村においてアルコールの持ち込みは可能、加えてコンドームの配布など誤解を生む行為の頻発。


既にオリンピックはスポーツイベントとしての楽しさよりも、お金が絡むイベントの醜悪さをまざまざと見せつけてしまった。
オリンピック・スピリッツはなく、原義は説得力のかけらもなく消え失せ、お金への執着と汚さを浮き彫りにしてしまった。

カナダは東京オリンピック・パラリンピック開催に懐疑的である。
開催可否よりも、開催が人間として正しい行為なのかどうか疑問を呈する人が多い。

障害飛越競技のエリック・ラマーズ選手は体調不良を理由にオリンピック代表選手選考辞退を申し出た際にこう言っている。
「オリンピックはアスリートの祭典ですが、東京では本当の意味での祭典にはならないと思います。祝うべき時ではないのです」

日本の政府、組織委は「安心・安全」という念仏を繰り返し、菅氏はかたくなに「やる」という、民意や最終的には国民の命まで犠牲にし、まさに大戦中の政府と同じような状況です。
何とかならないものですかね。


posted by ラッキープール at 19:00| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の上場企業の退職募集、1万人を突破・東京商工リサーチ

東京商工リサーチは4日、上場企業が今年に入って募集した早期・希望退職の人数が、3日までに1万人を突破したと発表した。
前年より3カ月程度早い。

実施企業は50社で、前年の同時期に比べ17社増えた。
新型コロナウイルス感染の長期化で業績が悪化し、人員削減に踏み切る動きが広がっている。

通年では、前年の1万8635人を超え、世界的な金融危機を招いたリーマン・ショック後の2009年以来の高水準となる可能性がある。

募集人数が最も多いのは日本たばこ産業(JT)の2950人、近畿日本ツーリストを傘下に持つ旅行大手KNT―CTホールディングスの1376人が続いた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/108663
(6/4 東京新聞)


ワクチン接種は進んでいますが、英国型、インド型、日本で独自変異したもの、ベトナム型に続いて本日新たにC36と呼ばれる変異ウイルスが見つかり、オリンピック前に変異株の祭典状態になっています。

https://www.fnn.jp/articles/-/191936
(6/4 FNNプライムオンライン)

少なくともまだしばらくは、たとえワクチン接種をしても安心できない状況で、また陽性者は増え始めるでしょう。
つまり希望退職募集もまだ増えることが予想されます。






posted by ラッキープール at 18:27| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

案里元参院議員への歳費返還請求、訴え却下~東京地裁

2019年の参院選広島選挙区の大規模買収事件で有罪が確定し、当選無効となった河井案里元参院議員(47)が得た歳費など計4942万円は不当利得だとして、広島県内の住民6人が案里氏に返還を請求するよう国に求めた訴訟で、東京地裁は訴えを却下した。

東京地裁は判決で、国会議員の歳費などの返還を有権者が請求できると定めた法律の規定はないと指摘。

国会では、歳費の返還や支給停止を可能にする仕組みづくりに向け、与野党が協議を進めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fdfbda4f1d14562e44ed3b6b71be4a1d5a530014
(6/4 ヤフーニュース、中国新聞)

posted by ラッキープール at 18:09| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジニ係数に見る所得格差、日本はほとんどの先進国よりも大きいという現実

格差や不平等を表す代表的な指標であるジニ係数。
ジニ係数とは収入等がどれくらい均等に分配されているかを0から1の数字で表す指標で、0に近いほど平等に分配されており、1に近いほど格差が大きいことを示します。

当初所得ジニ係数と再分配所得ジニ係数があるが、当初所得ジニ係数とは、純粋に前年の所得を対象に計算して求められた数値、再分配所得ジニ係数とは、社会保障料および税金の控除をおこない、年金や医療、介護などの社会保障給付をくわえた所得から求められる数値となる。
一般的に再分配所得ジニ係数は所得再配分によっての格差是正がされるため、ゆるやかな動きになる。

https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/17/backdata/01-01-03-01.html
(厚労省 OECD主要国のジニ係数の推移)

データが2013年までで、かなり古いのですが(それでも厚労省によると2019年版らしい)日本は約0.33、現状はさらにアメリカに近づき格差が広がっていると思われます。

2016年のデータによると、日本のジニ係数0.339に対し、先進国の平均は0.297、新興国の平均は0.462であった。日本の所得格差は、「ほとんどの先進国よりも大きい」というのが現状であるようです。

小泉政権~安倍政権、竹中平蔵氏も加わり新自由主義が実践された弊害もありますが、産業構造の変化も大きく、あらたな技術で代替可能な、非熟練労働者の需要が減少したためというのも大きいと思われます。
また長引く不況に耐え苦しんだ企業は人件費の削減のため非正規雇用者を増やしたことも大きいと思います。
さらに都市部と地方の所得格差問題も深刻です。

勝者がいれば必ず敗者が生まれます。それは仕方のないことですが、現在の日本の環境では敗者の再挑戦がしずらいということです。
コロナ禍で2020年度の生活保護申請者がリーマンショック以来の増加というニュースも流れていました。
菅首相は「最後には生活保護がある」というような暴言を吐いています。
生活保護、そんな簡単に取れるものでもないだろうと思いますが、こんなこと言う人間が総理大臣やってていいのか?





posted by ラッキープール at 15:42| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする