2021年06月25日

マクロソフト、Windows11(win11)発表、Androidアプリが動作する!

米マイクロソフト(MS)は24日朝(日本時間25日未明)、次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ11」を発表した。
アンドロイド向けのアプリを利用できるようになるほか、ゲームの機能が向上し、画面のデザインも刷新する。
MSは今年の年末商戦から「11」を一般向けに投入する。
Win 11ではOS標準機能として、Androidアプリが動作するのです。
また既存のWindows 10ユーザーならば無料アップグレードできます。

https://www.asahi.com/articles/ASP6T14BFP6SUHBI049.html?iref=comtop_7_05
(6/25 朝日新聞)

「11」では、従来は画面の左下にあったスタートメニューのボタンが画面中央下に移ったり、ウィンドーの角が丸くなったりし、画面上の表示が一新する。
大きな変化は、米グーグルのOS「アンドロイド」向けのアプリを、「11」上で利用できるようになることだ。

Win10からもう6年も経ちましたかという感じ。
年を取るのが早いはずです。
やはりスマホとPCの壁がどんどんなくなっていくという感じになって行くようですね。
posted by ラッキープール at 05:43| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅首相題材の映画「パンケーキを毒見する」公式Twアカウント凍結、政治的理由か

菅義偉首相を題材にした来月公開の映画「パンケーキを毒見する」を配給するスターサンズは24日、同作の公式ツイッターアカウントが凍結されたと明らかにした。
同社はツイッター社に異議申し立てをしたが、24日午後8時時点で反応がないという。

https://www.asahi.com/articles/ASP6S7GG9P6SUCVL021.html?iref=comtop_7_03
(6/24 朝日新聞)

「パンケーキを毒見する」(内山雄人監督、7月30日公開)は、菅首相の政治姿勢を、国会での答弁など様々な角度から検証した政治バラエティー映画。多くの政治家も出演している。

スターサンズは「ガイドラインにのっとった投稿をしていた」としている。
河村光庸・スターサンズ社長は「公式アカウントが突然凍結され、とても驚いている。もし政治的な理由だとしたら大変な問題だ」と話している。

政治フリークには面白そうな映画です。
政治的な理由だとしたら表現の自由の観点から問題かと思います。
単にツイッター社の判断なのか、あるいは政府の介入があったのか、または配給側の話題作りなのか、詳細はわかりませんけどね。
ただ世の中には色々と不条理というのはあります。難しい問題ではありますが・・・


posted by ラッキープール at 05:25| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

デルタ株(インド株)の感染力「すれ違うだけで感染」?

オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州で発生したインド株由来のクラスターに歯止めがかからない。
同州では22日、新規感染者10人を確認。1週間ぶりの高水準に達し、クラスターは計21人に上った。
諸外国に比べて感染拡大を抑えているとはいえ、州内は上を下への大騒ぎ。インド株の感染力の強さを裏付ける“証拠”が出てきたからだ。

感染源とニラんでいるのが、国際線の搭乗員などを送迎していたリムジン運転手の60代男性。
男性運転手が過去に訪れていた場所を公開したが、監視カメラから「すれ違い感染」の可能性が浮上した。

州の発表によると、感染が判明した50代男性は運転手とショッピングセンター内で「すれ違う程度のわずかな接触だった」(グラディス・ベレジクリアン州首相)という。さらに、運転手が訪れたカフェのテラス席にいた70代女性も感染していたという。

州政府は危機感を強め、今月12日から18日にショッピングセンターを訪れた客全員を検査するという。さすが“優等生”といった徹底ぶり。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/290964
(6/23 日刊ゲンダイ)


一方、日本はインド株が全国で117件(16日時点)も確認されているにもかかわらず、東京五輪開催にバク進中。
医療ガバナンス研究所の上昌広理事長がこう言う。
「水際対策も国内の検査も徹底してきたオーストラリアだからこそ、手際が良いのです。日本は医系技官を筆頭に『無症状者の検査は必要ない』『クラスター対策をしていれば大丈夫』と喧伝してきたため、インド株が流入しても方針転換できない。コロナ対策の誤りを認められず、成功したことにしているのだから、合理的な対策を打てるはずがありません」

東京など、ここにきて既にリバウンドの兆候が出てきています。
ひょっとするとオリンピック前に再度の緊急事態宣言となる可能性も出てきています。
入国する五輪関係者の隔離期間短縮を認め、1万人もの観客を入れるなど、正気の沙汰ではない状況です。
先日入国したウガンダ選手団の扱いも間違っており、挙げ句にさらに一人が感染していたとのこと。
選手団はバス移動したのですから当然ながら途中で2~3回は休憩し食事などで他人にも接触し新たに感染を広げた可能性もあります。
また、非公式ですが8月24日からのパラリンピックはすでに中止を決めているのではないかという話も出てきています。
いずれにせよ既に政権の崩壊は見えてきています。


posted by ラッキープール at 12:33| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

イスラエルでも変異株拡大、7割がインド由来

イスラエルは世界で最もワクチン接種のスピードが速いとされ、20代以上では7割以上が米ファイザー製のワクチンを2回接種している。
しかし保健省によると、21日の新規感染者数は4月20日以来最大となる125人で、うち7割がデルタ株とみられる。
海外渡航者から拡大しているとみられ、保健省は空港での水際対策を強化する。

イスラエルのベネット首相は22日、インド由来の変異株「デルタ株」の感染が広がっているとして、屋内でのマスク着用を推奨すると述べた。
イスラエルでは今月15日にマスク着用義務を撤廃したばかり。

https://mainichi.jp/articles/20210623/k00/00m/030/082000c
(6/23 毎日新聞)

これからデルタ株(インド株)が、世界中で拡大するような予感。パンデミックの第2弾ということか。
日本でもちょうどオリパラの時期あたりに急速に拡大するという専門家の予想が出ています。
オリパラでは海外から選手、関係者など多数が入国しますが、”ザル”というより金網のない外枠だけ、ただの”輪っか”だけの日本の水際対策では到底防ぎようがありません。
先日ウガンダ選手団が来日し、うち1人にコロナ陽性者が出ましたが、なんと他の選手は濃厚接触者であるにもかかわらず隔離もせずバスで大阪に移動させています。
対応がどれだけ適当かこの件でも明らかです。東京感染爆発オリンピックになる可能性はかなり高いかと・・・




posted by ラッキープール at 12:12| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

インドは22日、新型コロナウイルスの新たな変異株「デルタプラス」を「懸念される変異株」に指定した。
保健当局は、マハーラーシュトラ州でデルタプラスが16例確認されたした上で、デルタプラスは感染力がさらに強いと警告。各州に検査強化を指示した。

ワクチン接種を加速させているインドでは、国内でライセンス生産している英アストラゼネカのワクチンと、バーラト・バイオテックが開発した国産ワクチン。政府は米ファイザーなど外国のワクチンの確保にも努めるようになっている。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-india-idJPKCN2DY0L1
(6/22 ロイター)

posted by ラッキープール at 11:32| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする