2021年05月24日

9都道府県での緊急事態宣言、延長で調整

政府は、新型コロナウイルス対策として10都道府県に発令している緊急事態宣言のうち、沖縄県を除く9都道府県について、今月末までの期限を延長する方向で調整に入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b03a49930452ada89d56915dbd86dc37389d84d
(5/24 ヤフーニュース、読売新聞)

北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡の9都道府県のうち、東京や大阪などで新規感染者数が減少傾向にあるものの、医療提供体制は厳しい状況が続く。

延長幅について政府内では、沖縄県の期限である6月20日にそろえる案が浮上している。それより短い同13日までとする案もある。

「緊急事態宣言」にせよ「まん防」にせよ、ほとんど効果がないと思われますが、あっさり解除すると世論の批判が怖いという政府の自己満足というところでしょう。
国民は「正直もうどうでもよい」という感じだと思います。
まともな補償もないのに言うことを聞くわけがないというところでしょうか。


posted by ラッキープール at 13:53| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

新型コロナ、イギリス・フランスで新たな変異ウイルス

これまで各国で確認されているものとは異なる変異ウイルスの感染報告が、ヨーロッパで相次ぎ、調査が進められている。

イングランド公衆衛生庁は、イギリス国内で、新たな変異ウイルスの感染を確認したと発表した。
中部のヨークシャーなどで49件あり、重症化リスクを高めるなどの性質は、今のところ確認されておらず、政府は、調査を進める方針。

フランスでは、南西部の都市ボルドーの一部の地区で、46人の感染者から「非常に珍しい」変異ウイルスが確認されたと21日、地元メディアが伝えた。
感染者に入院した人はおらず、研究機関が、解析を進めているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/44777027d1cad2b447a6f0fe5908fcb765cd4059
(5/23 ヤフーニュース)

詳細は解析中のようですが、徐々に弱毒化し一般的なコロナウイルス(いわゆる風邪)のようなものになっていくのでしょうか。

日本では北海道、沖縄がひどい状況、愛知、福岡、岡山、広島などは現状維持程度、そして首都圏、近畿圏は新規陽性者が減り始めています。
緊急事態宣言がそれほど効いているとは思えないですし、ある一定の期間暴れたあと徐々におとなしくなってゆくような気がします。
いわゆる季節性要因というやつなんでしょうか。
専門家じゃないから詳しいことはわかりかねますが・・・
posted by ラッキープール at 12:10| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

米バイデン政権、大きな政府へ 貧富の格差是正図る

格差を高じさせた「小さな政府」から「大きな政府」へ、バイデン米大統領が舵を大きく切った。

新自由主義者がもてはやしたトリクルダウン理論(富める者がより豊かになれば、貧しい者にもその恩恵がしたたり落ちる)は「機能したことはなかった」と断じた上で、中間層を起点に全体の所得の底上げを図る姿勢を示した。

具体的には、富裕層への増税で調達する一兆八千億ドル(約百九十六兆円)を育児、教育支援に振り向けて格差是正を目指すという。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/105871?rct=editorial
(5/22 毎日新聞)

政府の関与とともに財政支出も減らす「小さな政府」を推進する新自由主義は、米英を経済再生へ導いた。
半面、重い副作用ももたらした。貧富の格差である。富は富裕層に集中し、福祉予算の切り詰めもあって低所得層は一層貧しくなった。

市場は万能ではない。
一方で政府の過度の介入は競争を阻害する。
「大きな政府」の運営には巧みな手綱さばきが不可欠だ。

今の日本も同じように貧富の格差がどんどん広がっている悲しい状況です。
政府はキチガイのようにオリンピック開催に猛進するのではなく、現在の国内の状況をもう一度冷静に俯瞰していただきたい。
でも菅さん廻りを俯瞰できない人だから無理か・・・
posted by ラッキープール at 13:38| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

チェルノブイリで再び核反応くすぶる、中性子線量上昇中!

原発事故から35年が経ったチェルノブイリで、再び事故の懸念が浮上している。
事故後の施設を監視している科学者たちが、中性子線量モニターの数値が上昇していることを確認した。
中性子線量の増加は、核分裂が加速していることを示す兆候だと考えられている。

核燃料に詳しい英シェフィールド大学のニール・ハイアット氏は米学術誌のサイエンス誌に対し、このままの傾向が続けば「核分裂反応が指数関数的に加速」し、「核エネルギーの制御不能な放出」に至る可能性があるとの懸念を示している。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/05/post-96333_1.php
(5/21 ニューズウイーク)

中性子線量の上昇は緩やかであり、対処法を検討するまでに今後数年の猶予があるものと見られる。
事故から10年が経つ福島も同程度の災害規模であることから、日本も興味を示すのではないかと述べ、今後の事態に備えた先例を作れるのではないかとの見通しを示した。

福島第一もこの先とてつもなく長く、なかなか終わりが見えない状況が続きます。
posted by ラッキープール at 21:33| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

米モデルナと英アストラ製ワクチン、厚生労働省専門部会が承認

厚生労働省の専門部会は20日、米モデルナ製と英アストラゼネカ製の2種の新型コロナウイルスワクチンを承認することを了承した。

政府はファイザー製と合わせ3製品で日本の人口を上回る計1億8200万人分の契約を結んでおり、安定的なワクチン供給につながるとみられる。
ワクチンはいずれも18歳以上が対象で、一定の期間を空けて2回接種する必要がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7068b114bd79809222eeab92526d5bf60cd327e4
(5/20 ヤフーニュース、共同通信)

モデルナ製については、まずは東京や大阪の大規模接種センターで使用されるようです。
アストラ製は血栓問題が出ているようですがどうなんでしょう。


posted by ラッキープール at 20:34| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする