2021年05月26日

困窮世帯に最大30万円 新型コロナで政府検討・・せこくてしょぼい給付金!

政府が新型コロナウイルスの感染拡大で家計が厳しい状況に追い込まれた世帯に向け、給付金を新たに創設する方向で検討に入ったことが25日、分かった。

3カ月間で最大30万円を支給する方向で調整しており、自治体と支給条件などを調整した上で早ければ7月に支給を開始する。

https://www.sankei.com/article/20210525-46DK7IPWINMR7K42QA6N362JAY/
(5/26 産経新聞)

預貯金に余裕がなく、特例貸付制度も利用限度額を超えているなどの要件を満たす世帯が対象となる。
支給条件は地域によって異なるが、東京23区内では3人世帯で収入が月約24万円以下、預貯金が100万円以下の要件を想定している。
このほか、新型コロナの影響で収入が減った人の生活費に充てる「緊急小口資金」や、暮らしを立て直すための「総合支援資金」などの特例貸し付けの限度額を超えており、生活保護世帯ではないことなどを条件とする。

つまり特例貸付制度をこれまでに利用した人で利用限度額を超えている人のうち生活保護世帯ではない人のみということ?
ほとんどの人は対象外ですよね。
対象はたったの20万人、給付総額は500億程度のようです。
せこ~!!しょぼ~!!
政権の支持率が下がる続ける中、ただのポーズとしか思えない・・・

たしか昨年度の予算35兆円くらいがまだ使われていないはずです。
なぜ使わない!




posted by ラッキープール at 12:54| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月25日

JTBが販売開始、“コロナ感染補償つき”東京五輪観戦ツアー

旅行代理店のJTBは五輪の公式観戦ツアーの販売を開始した。
1人450万円(18泊19日)の豪華プランもあり、なんとコロナに感染した場合の保険もセットで付いてくるという。
五輪の開催自体が危ぶまれるなかで、この時期に感染補償までつけたツアーの販売を始めたのは一体なぜか。

ホテルは東京・新宿の京王プラザホテルで、最高価格は1人450万円!(2名1室、プレミアグランスイート)。食事は付いていない。
他にも、「5種目観戦堪能プラン!」(6泊7日、50万8千円)や1競技観戦でラグジュアリーホテルに宿泊するプラン(2泊3日、12万1千円)などがある。

JTBの広報担当者は
弊社は東京2020大会のパートナーでもあり、大会が開催するとなっている以上は貢献していく方針です。
お客さまに対しては、感染症対策の順守を説明し、ご了承いただいたうえで販売しています。

取消料の規定に基づき、ツアー参加後のコロナの発症については、旅行代金の返金はなく、コロナ一時金の3万円のみになります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/90c4c253c155e319cc226fb1af9ebb0a5cc357c8?tokyo2020&page=1
(5/25 ヤフーニュース、アエラ)

JTBだけではない。旅行代理店の東武トップツアーズでは、24日から公式観戦ツアーの「抽選」の受け付けを始めている。

JTB、東武トップツアーズともに東京五輪の旅行部門における公式スポンサーだ。
公式観戦ツアーは、東京五輪・パラリンピックのオフィシャルパートナーのみが販売可能となっている。
残るもう1社のオフィシャルパートナーである、KNT-CTホールディングス(近畿日本ツーリスト・クラブツーリズム)は、現在販売を見合わせている。

組織委員会の橋本聖子会長は「無観客という覚悟は持っている」と会見で述べている。にもかかわらず、旅行会社は“観客ありき”で高額な観戦ツアーの販売をスタートした。それも「感染補償」までセットにして……。

また裏で電通あたりが動いているんじゃないでしょうか。
ひょっとすると政府も絡んでいる可能性があります。
つまり「無観客ではなく観客を入れる」方向で調整している可能性があります。
まあ観光業界はコロナでコテンパンにやられましたから気持ちはわからないでもありませんが・・・

posted by ラッキープール at 20:07| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米、日本への渡航中止勧告 コロナ懸念・東京五輪への選手派遣には影響なし

米国務省は24日、日本国内での新型コロナウイルス流行の悪化を理由に、米国民に対し日本への渡航中止を勧告する渡航情報を出した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/43dcb9406b1c9892529266fdb18fa626628059b4
(5/25 ヤフーニュース)

しかしながら、

米国務省が新型コロナウイルスの感染状況を理由に日本に対する渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止・退避勧告」(レベル4)に引き上げたことを受け、米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は24日、東京五輪への米国代表の出場に影響はないとする声明を出した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ddc00413f6fe44d870394ed2b149e673d02e57e1?tokyo2020
(5/25 ヤフーニュース)

USOPCは勧告を理解しているとした上で「選手やスタッフに対する感染予防策を講じるほか、日本への渡航前と到着後、五輪期間中にも検査を受けるので米国選手の安全な参加に自信を持っている」とした。

米国は五輪に約600人の選手派遣を見込んでいる。

posted by ラッキープール at 10:38| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに!・・インド株クラスター 都内で初確認/新型コロナ

東京都はすでに発表済み感染者を対象にした変異株のスクリーニング検査で、30~40代の同居する男性5人がインド型変異株に感染していたことがわかったと明らかにした。
都内で同型の変異株によるクラスター(感染者集団)が確認されたのは初めて。

都によると、5人にはほかにも同居人がおり、いずれも新型コロナへの感染が判明しており、うち1人に南アジアへの海外渡航歴があった。
都はこの渡航者から同居人らに広がったとみているが、今回の5人以外は検体が残っておらず変異株かどうか確定することはできなかったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c866ee99620553de45ef77e9cec6a7f2a78d14e
(5/24 ヤフーニュース、朝日新聞)

英国株はやっと小康状態になったようですが、やはりインド株がきましたね。
ただ現在のところファイザーやモデルナのワクチンは若干抗体が弱くなるがインド株にも有効という研究結果が出ているようです。

インド株はこれまで空港検疫で約160人の陽性者(於3/28~5/7)、国内感染例は厚労省によると17日時点で11人が確認されています。
※東京5人、埼玉1人、神奈川3人、千葉6人、静岡5人、大阪2人、兵庫2人、鹿児島3人(於~5/23)
この先、英国株に取って代わると思われます。
posted by ラッキープール at 01:39| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月24日

東京五輪の要人接遇費43億円計上、IOCバッハは芸者遊びがしたい?

東京五輪・パラリンピック開催ありきで突っ走る菅政権。
外務省は「要人接遇関係経費」として43億6100万円を確保している。
訪日が公表されているのは、2024年にパリ五輪を控えるフランスのマクロン大統領くらいだ。
要人の宿泊費は、外務省の予算43.6億円には含まれていないという。

長野冬季五輪(1998年)の時、要人接待費を巡って使途不明金が発生し、招致委員会の会計名簿が廃棄されたことが問題となった。
「この時は何人ものIOC委員が京都に行って芸者接待を受けていました。英BBCの調査報道記者らが執筆した『黒い輪』に<成金の日本円が行き来し、芸者がIOC委員に密着するものであった>と記しています」

https://dot.asahi.com/dot/2021052300007.html?page=1
(5/24 アエラ)

「ぼったくり男爵」は芸者遊びがしたいようで今から楽しみで夜も眠れないのか?
まあ、そんなことはないと思いますが、どこまで引っ張るんだよ!っていう感じですね。
さっさと開催なら開催、中止なら中止(基本的に延期はない)を国民に周知するべきだと思います。



posted by ラッキープール at 15:00| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする