2021年03月15日

NTT接待問題、高市元総務大臣のHPコラムが面白い!

『週刊文春』の記事は悔し過ぎる!
高市早苗元総務大臣が自身のホームページで週刊文春の記事に対してお怒りのようです。

https://www.sanae.gr.jp/column_detail1297.html
(3/10付け)

-----------------------------
大臣も副大臣も「通信事業の許認可に直接関わる」ことなど、ありません。そもそも、私達は「決裁」をしていないのですから。
『NTT法』や『電気通信事業法』に基づく認可の中で、事業に係るものの「最終決裁」をするのは大臣や副大臣ではなく、局長です。
上記の所管法令に基づく定常的な認可以外の「個別案件に係る軽微な認可」についても、全て局長以下の職員が最終決裁者であり、大臣や副大臣は決裁者ではなく、案件の説明すら受けていません。
私の在任中に、唯一、大臣に認可権があるものとして決裁したのは、NTT持株会社の株主総会で決定した「取締役・監査役の選解任決議」(人事案件)のみです。
-----------------------------

じゃあ、大臣いらないんじゃないの。


さらに橋本徹前大阪府知事の下記ツイートに対しても同様のHPに述べられていますので興味のある方は是非!
-----------------------------
高市早苗さんの会食が国務大臣規範に抵触するかどうかは別として、高市さんの総務大臣権限に関するこの認識はまずい。高市さんは法律上の権限と内部の決裁権限を混同している。電気通信事業法を見れば、法律上の権限は総務大臣にあることは明らか。決裁権限は内部ルール。
-----------------------------





posted by ラッキープール at 12:30| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

新型コロナ、中国武漢が震源ではなかった!インフルエンザ感染者に紛れていた?

新型コロナ「武漢より前に世界拡散」の衝撃事実!

https://toyokeizai.net/articles/-/414451
(3/4 東洋経済オンライン)

------------------------------------------------------------------------------------------------
感染症流行の先行指標として下水の分析があります。地域の排泄物が集まるからです。
スペインのバルセロナでは、2019年3月に採取した下水のサンプル、ブラジルのフロリアノポリスでも11月採取の下水サンプル、イタリアでは12月にミラノとトリノの下水から、それぞれ新型コロナウイルスやウイルスの痕跡が検出されました。

新型コロナウイルスの痕跡は、武漢の感染爆発の公式発表よりも数カ月前までたどれるのです。初期症状がインフルエンザとまぎらわしいので、そうした感染者や死者にまぎれていた可能性もあります。

強毒性の「コロナ3兄弟」、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、そして今回の新型コロナウイルスとなるわけですが約10年ごとに発生しています。
ということはこれから約10年後の2030年頃にまた強毒性の新新型コロナウイルスのパンデミックが起こる可能性があります。
------------------------------------------------------------------------------------------------

世界の地域により重症化や死亡者の数の多い少ないがありますが、絶滅したネアンデルタール人の遺伝子を受け継いでいる割合が多い地域が重症化リスクを高めているということが一つの可能性として考えられるということです。
ネアンデルタール人から継承したある遺伝子の保有者は、ヨーロッパでは約に16%に対し、南アジアでは地域によって約50%に達し、東アジアではわずか4%です。これが東アジア諸国・地域で重症者が少ない理由とも考えられるとのこと。

いずれにせよまた10年後何か起こるかもという前提で過ごした方が良さそうです。
posted by ラッキープール at 14:29| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

誰が日本を貧しくしたのか・・自民党政権の政策ミスにコロナが追い打ち!

日本人は知らない…日本人がどんどん「貧しく」なっている「本当の理由」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80299
(2/20 現代ビジネス)

毎年の平均給与から「国民負担率」分を差し引いた「実質消費支出力」を計算すると、2000年の295.0万円がリーマンショックの2009年には254.9万円に落ち込み、8%に増税した2014年には240.3万円とさらに落ち込み、10%に増税後の2020年では238.9万円と00年の81%まで落ち込んだ。
これではコロナが無くても消費が冷え込むのは必定で、コロナが輪をかけたということだ。
やはり8%、10%への消費増税が大きな要因になっている。


(ユーチューブ 世間のうっぷん晴らしチャンネルさん)

日本が「後進国」になる前に、まだギリギリ「先進国の落ちこぼれ」状態である今のうちに何とかしないと!!

posted by ラッキープール at 15:28| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする