2020年11月07日

香港警察、「密告」ホットライン開設

香港警察、「密告」ホットライン開設 国安法違反の通報を奨励

https://www.bbc.com/japanese/54835487
(11/6 BBC)

香港の警察当局は、ホットラインによって市民らが「国家の治安」に関する問題を、自らの個人情報の詳細を明かさずに通報できるようになると説明したとのことです。

これはかなり怖いですね。
自身の個人情報を明かさずに他人を密告できる、つまり全く根拠のない偽情報でも受け付けられてしまうということ。
単なる逆恨みや勘違い、間違いなどでも通報されれば当然逮捕され拘束されるでしょう。
民主化を主張する人権団体なども安全が確保されず非常に危険で何も言えず何もできません。

対外的には海警局に“外国船舶への武器使用”を認める「海警法」の法律の草案が提起され、尖閣諸島周辺で活動する海上保安庁や操業する日本の漁船などとの衝突が懸念されます。
また台湾に対しても武力行使を念頭に、「祖国の神聖な領土を分裂させるいかなる勢力も絶対に許さない。中国人民は必ず正面から痛撃を与える」と述べています。

アメリカの大統領選挙のゴタゴタが暫く続きそうな状況の中、日本としては中国の動きには最大限注視すべきでしょう。

posted by ラッキープール at 13:26| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

中国 動物用ワクチン工場から『ブルセラ菌』流出!6000人以上感染

中国内陸部の甘粛省で去年、「ブルセラ症」の動物用のワクチンを製造する工場から菌が漏れ出し、住民など6000人以上が感染していたことが分かりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201106/k10012697641000.html
(11/6 NHK)

昨年の7、8月頃のようです。
ブルセラ症は、主に犬や牛、豚、ヤギなどが細菌に感染して引き起こされる病気で、人が感染すると発熱や関節の痛みなどの症状が出るとのことです。
武漢コロナと同じで中国の隠ぺい体質は変わらないようです。

posted by ラッキープール at 21:10| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

米大統領選挙、民主党の不正発覚か!

アメリカ大統領選挙、結果はまだ確定していませんが現在のところバイデンの当確というような状況です。
しかし民主党の不正疑惑が出てきています。

以下、国際政治コメンテーター、及川幸久氏のユーチューブ番組「BREAKING NEWS」をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=tP_xQyudyXs

・ミシガン、ウィスコンシンでは突然未回収の大量の票が発見され、100%すべてバイデン票だった。
・ペンシルベニアでは投票締め切り後の票を締め切り前のものとして数えた。気付いた記者がその件をツイートしたらツイッターにブロックされた。
・ウィスコンシンでは投票率89%となっている。投票率89%というのは理論上はありえるが現実としてありえない。
・ノースカロライナの登録者数は516万人だが総投票数はそれを上回る538万票ある。上回った票は誰の票?ありえない。

など民主党の不正の可能性がかなり高いと思われます。
バイデンの投票数は7000万票を超えオバマの記録を抜き史上最多となったと報じているが、そりゃー不正があれば最多になりますよねえ。

共和党トランプ陣営はすでにウィスコンシンとミシガンの再集計を要求しています。
おそらく法廷闘争となり結果が出るまでにはかなり時間がかかると思われます。
それにしてもアメリカ大統領選って真っ黒ですね。




posted by ラッキープール at 14:02| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

大阪ト構想否決、さあ次は米大統領選挙

昨日、大阪ト構想(大阪市を廃止する住民投票)が否決となりました。
せっかくの政令市を自ら捨てて、わざわざ何の権限もない特別区に移行する必要はありませんので当然と言えば当然の結果です。

さあ次はアメリカ大統領選挙です。
メディアはバイデンリードとうたっていますが、これらは民主党寄りのメディアで当てにはなりません。
おそらく4年前の再現でトランプが勝つのではないでしょうか。
ただかなり郵便投票が多いこと、郵便投票を巡る法廷闘争が繰り広げられる可能性があることなど、開票結果はしばらく待つ必要が出てくる可能性があります。
ゆっくり見守りたいと思います。

posted by ラッキープール at 11:55| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする