2020年11月17日

米モデルナのワクチン、94.5%の確率で効果示したとの暫定結果

モデルナは16日、大規模な第3相臨床試験で94.5%の確率で効果を示したとの暫定分析結果を発表。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-17/QJWBG9DWRGGB01
(11/16 ブルームバーグ)

先日のファイザーに続いてモデルナも暫定ながら発表とのことです。
モデルナもファイザー同様、メッセンジャーRNA(mRNA)という技術に基づいているが、ファイザーのような超低温での保存は必要ないとのこと。
ただしこれまで世界で承認されたmRNAワクチンはないということで、まだまだ未知数の部分があることは確か。
日本はモデルナとも供給契約を結んでいる。
おそらく最初はアストラゼネカ、その後モデルナ、ファイザーというような順序で供給を受けると思われます。

posted by ラッキープール at 11:01| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

スカ総理、東京オリンピック やるやるやると発言

世論に反し開催すると発言。

https://mainichi.jp/articles/20201116/k00/00m/050/061000c
(10/16 毎日新聞)

開催できる根拠を説明すべきでしょう。あやふやな感覚だけで発言しているとしか思えません。
ワクチンが世界中に行き渡るにはかなり時間がかかるうえ、その効果も現在のところ未知数です。
追加の費用を国内の景気対策、失業者や低所得者対策に廻すべきです。
posted by ラッキープール at 12:37| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

IOC バッハ会長来日!東京オリンピックの行方は?

本日、IOCのバッハ会長が来日しました。
国内、海外ともにコロナ陽性者が急増している中、東京オリンピックはどうなるのでしょうか。
常識的に考えれば中止となるのですが、IOCから中止ということは言わないですよね。なぜならIOCは中止による賠償などの金を払いたくないからです。

ワクチンについてはファイザー社が90%に効果があるなど良い報告は出ていますが世界に行き渡るにはまだまだ時間がかかります。
またコロナは変異すると言われており、変異してしまえば全く効果がなくなると思われます。

※日本ではアストラゼネカ社のワクチンが最初に接種されるようです。(早くて来年の第3四半期~第4四半期くらい?)
以下、アストラゼネカ社ホームページより
アストラゼネカ、日本における新型コロナウイルスワクチンAZD1222の臨床試験を再開
https://www.astrazeneca.co.jp/media/press-releases1/2020/2020100201.html

開催か中止の判断はあくまで日本側がするということになります。
早めに判断をしないと選手たちにとってはコンディション作りなどでも大迷惑なことになります。
常識的に誰が考えても中止なのだから政府は早急に中止発表をすべきです。

posted by ラッキープール at 20:01| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

国内コロナ陽性者、過去最大1649人。本当のコロナ不況が始まる!

コロナ陽性者数が止まりません。ついに本日過去最大の1649人!
おそらくまだまだ拡大しそうです。
これは年末年始、正月どころではない状況になると思われます。
GoToは取り止めにすべきではないでしょうか。

産業界では日産、ブリジストンなどの大企業も最終赤字になる見通し。
すかいらーくは200店舗を閉店、楽天も最終赤字の見通し、関西の主要鉄道会社5社も2021/03月期で最終赤字の見通し。
あの電通も実質的なリストラを発表したようです。
本当のコロナ不況はこれから始まるといって良いでしょう。

そんな中、ワクチン開発で90%を超える有効性が示されたと発表したファイザーなど大手製薬会社株が急騰、各社のCEOなどは自社株を売ってたんまり儲けているようです。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-11/QJN4I1T0AFB901
(10/12 ブルームバーグ)

いずれも株価が一定の水準に達した際の売却を事前に指示しており、インサイダー取引には抵触しないようですが、90%の有効性は本当なのか、ただ株価を上げるために情報の水増しがおこなわれたのではないか、そんな妄想も出てきます。
posted by ラッキープール at 22:28| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

米ファイザーのコロナワクチン「9割超に効果」か?

11/9、ロイター
米製薬大手ファイザーPFE.Nは9日、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックBNTX.Oと共同開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)で感染を防ぐ有効率が90%を超えたと発表した。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-vaccines-pfizer-idJPKBN27P1TH

ただし、今回発表されたデータは、査読(ピアレビュー)を受けていないほか、医学誌にも掲載されていない。ファイザーは治験全体の結果が判明した後に論文を発表するとしている。

ファイザー社のワクチンは日本も供給契約を結んでいる。
このまま順調にいけば来年第一四半期~第二四半期あたりには日本でも接種を受けられる可能性がある。
ただ3週間の間をあけて2回接種する必要があること、さらに、摂氏マイナス80度以下で保管しなければならないため、流通面でも困難がある。
いちど接種して獲得する免疫が、どれくらい長期間続くのかについても疑問がある。

ただ、臨床試験の最終段階である第3相に現在入っているワクチン候補は十数種類あるが、このように結果が出たワクチンは今回が初めてであり、明るい希望は見えてきたのではないか。

posted by ラッキープール at 11:58| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする