2020年10月07日

「TikTok」(ティックトック)のByteDance(バイトダンス)の日本法人は経団連加盟企業

今やファーウェイと並びアメリカ、トランプの対中政策のやり玉にあげられているTikTokですが、この日本法人は経団連に加盟しています。
2020年2月のことです。これは知らない方が多いかと思います。
経団連だいじょうびでしか。。。

昔のような経団連でないのは確かです。
今問題になっている学術会議問題と同じで政府も今一度、経団連との関係を見直した方が良いのではないでしょうか。
でもまとめてボンと献金してくれるし・・なかなかすぐには難しい問題ですかね。

だいたい法人税を減税する代わりに消費税の導入を要請したのも経団連だし。
消費増税大賛成だし・・・

その経団連、今年も献金を呼び掛けているようです。
以下、産経新聞10/2付け

経団連はこれまで安倍晋三前政権について、長期安定政権であることや、経済政策や自由貿易を推進する外交の成果などを理由に高く評価してきた。今年の政策評価では自民党を中心とする与党に対し、「安倍政権の実績を踏まえ、菅新政権による改革の推進に期待する」とし、安倍政権同様の高い評価を維持した。

『安倍晋三前政権について、長期安定政権であることや、経済政策や自由貿易を推進する外交の成果などを理由に高く評価してきた。』
少なくとも経済政策については、大企業にとっては高い評価かもですが、一般国民には???



posted by ラッキープール at 18:50| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする