2020年10月25日

中国市民が街頭で「共産党退陣」を求める横断幕を掲げる

中国市民が街頭で「共産党退陣」を求める横断幕を掲げる

https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63660.html

https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63827.html
(いずれも10/23、エポックタイムス)

人権活動家の肖春氏はこのほど、街頭で横断幕を掲げ、中国共産党(以下、中共)の退陣、中共が中国人を迫害した責任の追及および民主的な立憲政権への交代を求めた。

中国の一般市民が中国共産党退陣を求める。
この動きがもっと大きなものになるのを期待します。
この方、当局に逮捕、拘束されなれなければいいのですが・・・無理ですかね

当然のことですが、中国国民にはやっぱり現在の共産党体制に疑問や不満を持っている人々は数多くいるということです。
軍隊である人民解放軍の中にもいることでしょう。
中国内部から共産党体制が崩壊する可能性も充分あります。


posted by ラッキープール at 13:18| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

米国政府作製の航空図で竹島は「日本領」と明記されていた。

10/23、ヤフーニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/d913a0329029a9559a89151f4474d960025c8e56

領土問題の調査研究などを行う公益財団法人「日本国際問題研究所」の調査で竹島(島根県隠岐の島町)が日本領であると明確に記した1953(昭和28)、54(同29)年の米国政府作製の航空図2枚が、米国国立公文書館で見つかったと発表した。
サンフランシスコ講和条約発効(52年)直後の竹島を日本領と示す同政府の航空図が確認されたのは初めてという。

同条約は日本が放棄する領土として、鬱陵島や済州島などを列挙。韓国は竹島を日本が放棄する領土に加えるよう条約を起草した米国に要求したが「竹島が韓国の一部として扱われたことはない」として却下された。

韓国政府は「独島(竹島の韓国名)は鬱陵島の属島として韓国領と承認された」「(列挙された日本が放棄する島は)韓国の3千余りの島の一例で、独島が韓国領に含まれないとはいえない」と主張している。

これで結論は出ていると思いますが韓国は何だかんだ絶対譲らないでしょうね。
posted by ラッキープール at 17:07| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

東京オリンピック中止・・のようです

どうやら東京オリンピック、中止のようです。
某業界関係者の内部リークのようです。
正式発表はおそらくIOCのバッハ会長が来日予定の11月中旬頃と思われます。

ヨーロッパ諸国は第2波で急激に陽性者が増え厳しい外出規制など再度ロックダウン検討中、またアメリカもなかなか陽性者が減らない状況です。
欧米の選手が出場出来ないオリンピックはありえない。ただのアジア大会のような状況になります。

これまでオリンピック実施のために巨額の税金が使われています。
海外の観戦客のインバウンドはなくなり、電通をはじめスポンサー企業も大きな損失を被ります。
東京都だけではなく各道府県などもオリンピックに向けた予算が使われています。
コロナ禍で経済が停滞し倒産や失業、雇い止めなど、それでなくても厳しい現在の日本にとって、これはかなりの痛手でしょう。

使った税金、作った施設、その他関連経費などの詳しい検証が必要かと思います。



posted by ラッキープール at 13:00| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

いよいよ衆院解散・総選挙か!

自民党幹部は19日、野党が26日召集の臨時国会で憲法審査会での審議に応じない場合、衆院解散・総選挙で国民に信を問う必要があるとの認識を示した。

https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2010190018.html
(10/19、産経 gooニュース)

私は別段何が何でも憲法改正という改憲論者ではないが、現在の国際情勢を見ていると、やはり憲法改正は必要だと思う。

日本国憲法は、敗戦後、連合国軍の占領下でGHQに押しつけられたもので、その後70年以上一度も変えられていない。
時代や世界、環境、社会は当時から大きく様変わりしている状況において憲法改正は必要でしょう。
9条にしたって自衛隊は実質軍隊なのだからはっきりと明記すべきです。
posted by ラッキープール at 11:48| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

「絶対に破られない」量子暗号通信 東芝が事業化

「原理的に破ることができない。暗号解読との“いたちごっこ”からは解放される」(東芝 CPSxデザイン部 マネージャーの村井信哉氏)。
盗聴が理論上不可能とされる「量子暗号通信」の提供を、東芝は2020年夏にスタートする。

https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/7612/Default.aspx
(ビジネスネットワークJP)

「2030年には実用的な量子コンピューターが登場するという予測があるが、数学ではなく量子力学に基づいた仕組みで暗号化する量子暗号通信なら、未来永劫破られる心配がない」と東芝 研究開発センター エキスパートの谷澤佳道氏は語る。

不正会計問題など暗いイメージの東芝でしたが、この技術で復活の明かりが見えてきたのではないでしょうか。

posted by ラッキープール at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする