2020年09月16日

菅総理、今後はウポポイ菅と呼ぼう

アイヌ新法により建設された民族共生象徴空間(通称ウポポイ)は菅さんが旗振り役。
今後は菅さんのことを「ウポポイ菅」と呼ぼう。ちびザル菅でも良いがありふれているので・・・

今後解散総選挙となるのか、それとも解散せず任期いっぱいまでやるのかわからないが期待はできない。
一番の懸念は中小企業改革。
つまり従業員の給料を上げられない企業は潰れてくださいという改革というか改悪?

また「自助、共助、公助」ということを言っているが自助が先頭に来ている。
つまり自分で何とかしろということ。

自殺者が何人出るだろう・・

----------------------------------------------------------
「主権は国民、そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」(日本国憲法前文)

「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」(同第13条)

「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」(同第15条)
-----------------------------------------------------------

大企業やお金持ちを優遇し一般国民を無視した憲法違反の悪政には反対だ。
今後のウポポイ菅の国政をしっかり監視していく必要がある。
posted by ラッキープール at 15:19| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

菅政権誕生

菅政権誕生、おめでとう・・・喜んでいいのか悲しんでいいのか。1国民とすればあくまで期待するしかない状況。
おそらくすぐに(年内中に)解散総選挙になるような状況のようです。当然与党が勝つでしょう。
とにかく長期的な視点で日本が復興するような政策を望むばかりです。
政府は大企業やお金持ち、海外ばかりに目が行っており一般国民が無視されています。
経済成長(GDP)ではかつて日本がいた位置に中国がいます。欧米諸国も着実に成長している中、日本の成長はほぼゼロです。
このままでは日本は後進国になり果てます。
もうそろそろ原点に返る時期だと思います。
今年の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太方針2020)ではプライマリーバランス黒字化の記述が削除されたようです。
MMT理論も浸透してきているように感じます。
公共工事を始めとした大規模な財政支出でとにかく民間にお金を廻すことが必要です。
まずはデフレ脱却を期待します。

-----------------------------------------------------------------------
プライマリーバランス黒字化を言い始めたのは2001年、小泉政権下で経済財政担当大臣を務めた竹中平蔵氏。
20年もこれに縛られ続けたことが不思議です。
その後の政権がいずれも1年ほどの短命だったこともありますが、せめて第2次安倍内閣で撤廃していれば阿部さんもそこそこ評価される総理になれたんではないでしょうか。
ちなみにコロナ給付金の中抜き問題で電通とともにパソナという企業もありましたが、このパソナの取締役会長が竹中平蔵氏です。
日本をデフレに導き成長を止めたことをどうお思いなんでしょうか。
------------------------------------------------------------------------

ところで公明党は金魚のフンのように与党自民党にくっ付いていますが自民はそろそろ連立を解消すべきと思います。

posted by ラッキープール at 09:02| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

鄧小平の予言(1974年国連演説)

当時、党中央委員会副主席であった鄧小平の1974年の国連第6回特別総会での演説。
まさに今や超大国となった中国を予言し、さらに「他国をいじめ他国を侵略し他国から搾取するようになったら世界の人民は中国の悪事を暴き中国に反対し中国人民と協力し中国を打倒すべきです。」と述べている。

https://www.youtube.com/watch?v=EHnqW3QgZY4
YouTube動画(中国語の勉強教材に使われたもののようです)
(短気な方は5分30秒くらいから見てください)
posted by ラッキープール at 06:24| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京オリンピック、さっさと中止発表して

東京オリンピック、発表期日の通り開催できると思う人はほとんどいないでしょう。
さっさと中止発表すべきです(再延期はおそらくない模様)。中止になると電通やスポンサー企業は痛いでしょうな。

IOC副会長が「新型コロナウイルスの有無に関係なく」開催されるとの見解表明、「新型ウイルスを克服した大会」になると言っているがいつ克服したんでしょう?

仮にワクチンが出来たところで突貫工事で作ったようなものを打つ気にならない。国民をマウスかなにかと思っている。実験台にするなよ。

「米製薬大手のファイザーから来年6月末までに1億2千万回、英アストラゼネカから来年初め以降、1億2千万回分の供給を受けることで、それぞれ基本合意している。ほかに米バイオ企業モデルナとも、日本での流通販売を武田薬品工業が担うことで21年上半期から4千万回分以上の供給を受けることを前提に交渉を進めている。」・・→おそらく相当数余ると思う。余ったら他国に転売でもするんでしょうかね。




posted by ラッキープール at 00:17| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

新自由主義政策は限界まで来ている!政策転換を。

小泉政権の規制緩和策で多くの派遣労働者が生まれた。年金・介護保険・医療の改悪、増税なども絡み恐ろしい勢いで貧困化が進んだ。
当時の国会で小泉首相は「格差が出るのは悪くな い」というとんでもない言葉を吐いている。

政官財が癒着し、利権、天下りや企業献金を野放しにして税金をむだ遣いしながら、国民に負担を押しつけた。
小泉政権下で、天下りはそれまでの2倍以上に増えた。

以後、麻生政権などでは一時、財政健全化よりも景気対策優先という政策も示されたが総じて財政健全化、俗にいう小さな政府、言葉を換えれば新自由主義的な政治だった。

------------------------------------------------------------------------------------------
財政健全化に関し、よくテレビや新聞などマスコミは「日本の赤字〇〇〇兆円、国民一人当たり〇〇〇万円の負債」ということが言われる。
これは全くのウソで日本の赤字ではなく正確には日本政府の赤字。
マスコミは言葉の言い換えや一部だけを切り取った報道をする。
記者クラブ制度やスポンサーへの忖度などで現状どうしようもないとも思うが何とかならないものか。
対外的には日本は350兆円くらいの黒字でこれは世界一。
------------------------------------------------------------------------------------------

その結果、現在の状況を見てみると新自由主義が行き過ぎてデメリットばかりが目立つ。
・実力主義のため、持てる者と持たざる者の格差が広がる
・自由競争に付いていけない人々は貧困に陥る
・デフレのリスクが高まる
・感染症や大規模災害のような緊急事態に対応しづらくなる

大きな政策転換が必要であるのではないか。菅では期待できないが・・・


posted by ラッキープール at 07:30| Comment(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする